中国海外旅行者モニター2017

Hotels.com™ の中国海外旅行者モニター2017(Chinese International Travel Monitor (CITM))第6版では、中国本土の旅行者による世界的な旅行業界への影響を包括的にモニターしています。

中国海外旅行者モニター2017

このレポートは、中国人海外旅行者および世界中のホテル関係者を対象に実施した調査のほか、Hotels.comの独自データやその他の調査を組み合わせた結果に基づいています。

Hotels.comとイプソスは、以下の条件で旅行者調査を実施しました。

  • 対象者:過去12ヶ月間に海外を旅した18歳から54歳の中国居住者(性別、都市級を考慮した代表性のある対象者)
  • サンプルサイズ:3000人
  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査実施時期:2017年5月

中国の都市は、人口、経済規模、行政区分によって階層に分類されます。北京や上海など一級都市、成都などの二級都市、中規模都市は三級都市、小規模都市は四級都市となります。

調査では、支出パターン、旅行の好み、予約方法、宿泊施設の選択、将来の計画、その他旅行に関する項目について伺いました。

世代別の分析では、生年で1960年代、70年代、80年代、90年代の4つの世代に分類し、それぞれの選択や嗜好をより深く理解できるようにしました。レポートでは1980年代、90年代生まれの人々をミレニアル世代(millenials)としています。この層は、1980年代以前に生まれた「過去世代」とは異なる「新世代」としても知られており、中国人旅行者の消費と支出を牽引しています。

この調査と同時期(2017年5月)に、Hotels.comは3,800以上のパートナーホテルのグローバル調査を実施しました。

調査実施対象国/地域:アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、クロアチア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トルコ、英国、米国、ベトナム

宿泊代に支払われた料金などの支出の数字は、中国人民元(RMB)とその米ドル相当額で引用されています。 特に断りのない限り、この調査で使用されたRMB-US $為替レートは、現地調査の中間点である2017年4月25日のレート、US $ 1 = RMB6.8848です。

(レポートは英語です)