イノベーション&ブランド戦略:Ipsos Marketing
イノベーション&ブランド戦略:Ipsos Marketing
OUR SOLUTIONS

イノベーションと予測

イプソスは、イノベーションをスピードアップし、絶え間なく変化する世界に対応できるようにクライアントをサポートします。デバイス・アグノスティック、オーバーナイト、ニューロサイエンス、統合ソリューションなどのイノベイティブなアプローチと専門知識がイプソスの強みです。

クライアントの課題

どうすれば、イノベーションをスピードアップできるのか。
どうすれば、初期段階で適切なインサイトやアイデアにたどり着くことができるのか。
どうすれば、市場で成功する可能性を高めることができるのか?
どうすれば、 更なる成長を遂げることができるのか?

イプソスのアプローチ

イプソスが提供するソリューションには、オーバーナイトやデバイス・アグノスティックソリューションのほか、定性・定量を統合したアプローチやビジネスのポテンシャルを数値化するものなどがあります。イプソスのスピーディでシンプルなソリューションや検証された予測モデル、リアルタイムのシミュレーターなどは、イノベーション・サクセス・フレームワークを基に構築されたものです。これらのサービスを利用すれば、意思決定の質とスピードを上げることができます。

 

イプソスは、以下に注力しています:

アイデアとインサイトを、スピーディにテストできるコンセプトに変える

イプソスのインサイト・アクセレレータは、インサイトとアイデアを生み出し、検証し、それをテストできるコンセプトに変えるまでをスピーディに行えます。

インサイト、アイデア、コンセプトテストをより迅速に。

イプソスはインサイト、アイデア、コンセプトのテストをスピーディに行えるソリューションを提供しています。イプソスのソリューションには、以下のような利点があります:

  • デバイス・アグノスティックである
  • 成功レベルの測定に有効な基準である
  • 最適化の機能が備わっている

 

コンセプトテストとコンセプト&製品テスト

イプソスの画期的なコンセプトテストでは、デバイスにとらわれない画面やスワイプできるコンセプトを消費者に利用していただくことができます。このコンセプトテストにより、勝てるコンセプト、コンセプトの最適化、アーキタイプのプロファイリング(画期的な、ニッチの、高級な、もしくは、その他の種類のイノベーションか?)を知ることができるほか、売上予測も使用できます。さらには、コンセプトを市場にある競合品と比較してみることもできます。

 

コンセプトの最適化を効果的に行う

InnoConstructを使えば、コンセプトに含むべき要素をテストし、ベストな組み合わせでコンセプトを作ることができます。
イプソスの測定基準はライン・エクステンションに偏向した基準ではありません。そのため、可能性があるかも知れないアイデアを早まってリストから外してしまう心配がなくなります。最適なコンセプトを再テストを行わずに売上予測を行うことも可能です。

 

フォーキャスト(売上予測)

企業は、イノベーションが市場でどの程度よい成果を出せるかを把握する必要があります。そうすれば、軌道修正や、見込みの管理、新製品発売の準備などを行うことができます。イプソスは、世界で認められたDesignorモデルとVantis モデルを使い、製品・サービス開発ライフサイクルのはじめから終わりまでフォーキャストソリューションを提供しています。

 

ケーススタディ

3日で新しいコンセプトを作る:
あるフランスの国際的な製薬会社は、革新的なビタミン構成の特定に成功し、その使用頻度が上がることを期待していた。そこでイプソスは「インサイトアクセレレータ」を使って、40のインサイトを作り、「勝てるインサイト」を軸に、20のアイデアに絞り込み、テストを実行。最終的に、それらの「勝てるアイデア」は、5つのコンセプトになった。また、これら全てを3日で完了した。

スピーディに大規模なイノベーションにたどり着く:
米国の某レストランチェーンは、新しいメニューをすぐに考案しなければならない状況にあった。
そこで、レストランは、「オーバーナイト・アイデアテスト」を使用したところ、メニュー考案のタイムラインを2か月短縮。また、コンセプトテストの成功率も20%向上し、コストを半分に削減できた。

新コンセプトの潜在力を検証する:
クライアントの某メーカーは、新しいブランドを導入しようと考え、3つのコンセプトを検討していた。そこで、イプソスのコンセプトテストのアプローチを使ったところ、検討中のコンセプトについては、それぞれ「類似品あり」、「高すぎる」、「よいスタート」というプロフファイル結果が出た。おかげで、このメーカーはいとも簡単に、3つのコンセプトの中から「よいスタート」という結果がでたコンセプトを選択し、それで進めるという決断を下すことができた。

最善の方法で実行する:
某クライアント企業とイプソスは、抗菌石鹸のインサイト、ベネフィット、香りの最適な組み合わせを知りたいと考えていた。そこで競合の実態を踏まえたテストや、イプソスの有効なモデリングを用いたところ、最適な組み合わせを見出すことに成功。この組み合わせは、すぐにフォーキャストに使えるものであり、クライアント企業はそれを使って具体的な広告案を打ち出すことに成功した。

コンシューマー&ショッパー