Market Understanding | Ipsos
Market Strategy & Understanding

市場理解

OUR SOLUTIONS
市場の方向性を理解し、最適な成長機会を特定します。

イプソスの使用実態に関するのアプローチは、御社のブランドとカテゴリーの全体的な理解のために複数のデータソースを合わせて活用します。セグメンテーションに関する豊富な経験で、成長目標の定義や、ブランド選択を推進する要素の選択をサポートします。弊社のマーケット ランドスケープ & サイジング調査では、消費者がどのように市場を認識し、どのように製品を使用し、どのような動機を持っているかを理解するのに役立ちます。

モジュール型 使用実態(U&A)調査

イプソスのモジュール型のU&A調査では、アーリーインサイトとクイックなフィードバックのループを可能にするアプローチを採用しています。複数のデータソースを統合して、ブランドとカテゴリーを全体的に把握し、次のようなビジネス上の疑問にお応えします。 「カテゴリの方向性は?」「ブランドのリスクは何か?」「ブランドの成長、あるいはカテゴリーの破壊の機会はどこにあるのか?」

モジュール型U&A調査の出発点は、知識のギャップを特定するキックオフミーティングです。その後にデバイスアグノスティック調査、エスノグラフィー、ソーシャルインテリジェンスなどのフェーズが続きます。各フェーズの後にはワークショップを実施し、インサイトをアクションに移します。

目標は、行動的および暗黙的手法(パッシブ測定、ビジュアル/ビデオ、オープンエンドなど)を使用して、その瞬間の情報を収集することです。

セグメンテーション

イプソスには、成長目標の定義、ブランド選択を促す要素の選択、結果の分析、セグメンテーションが組織に組み込まれていることの確認などを支援することができる深いセグメンテーションの経験があります。私たちのアプローチは、態度にとどまらず、消費や支出などの行動指標を含み、ソーシャルデータを使用してセグメントのプロフィールを充実させています。さらに、クライアントのセグメンテーションを顧客関係管理とデータ管理プラットフォームなどのデータベースにリンクして、マーケティングキャンペーンのターゲット設定を支援します。

イプソスのセグメンテーション手法は、製品やコミュニケーションの開発、消費者のターゲット設定、ポートフォリオの最適化など、マーケティングサイクルのすべての段階に適用できます。

マーケット ランドスケープ & サイジング

イプソスのマーケットランドスケープ調査は、消費者が製品をどのように認識し使用しているかとそれらが提供するニーズに基づき、消費者がどのように市場を構成しているかをクライアントが理解するのをサポートします。次のようなビジネス上の疑問に答えます。「消費者はどのようにしてカテゴリーをナビゲートしているのか?」「ホワイトスペースやブランド拡張の機会はあるのか?」「製品およびブランドのポートフォリオを最適化する方法は?」

私たちは、製品レベルの詳細などのカテゴリーのミクロの視点でズームインし、隣接するカテゴリーにズームアウトするような柔軟なアプローチを使用しています。ソーシャルインテリジェンスを活用して、カテゴリーの破壊に先んじることができます。