イノベーション&ブランド戦略:Ipsos Marketing
OUR SOLUTIONS

市場理解

マーケティング活動の大半の根幹となっているのが、市場理解です。イプソスは、人、ブランド、市場を理解することによって、クライアントビジネスの成長を促進することを目指しています。

クライアントの課題

市場の変化に追いつくために、意思決定のを加速するにはどうすればよいのか。
消費者、ショッパー、製品、使用機会をどのようにセグメントすればよいのか。
イノベーションプラットフォームやアンメットニーズをどうやって特定すればよいのか。
消費者をより効果的にターゲティングするにはどうすればよいのか。
ブランドで、(再)ポジショニングをするにはどうすればよいのか。
わが社のブランドや製品ポートフォリオを最適化するにはどうすればよいのか。
わが社のブランドを拡張していくにはどうすればよいのか。

イプソスのアプローチ

イプソスのエキスパートは市場でのビジネス成長の機会明らかにし、規模を把握し、優先順位を付け、イノベーションプラットフォームを特定するサポートをいたします。高度な解析とアクチベーションワークショップを活用したイプソスのソリューションで、ビジネス成果を上げることができます。

イプソスは、以下に注力しています:

さまざまな情報ソースを統合した新しい利用実態調査

イプソスは、クライアントがビジネスで遅れを取らないように、大規模な基礎調査から、スピーディに複数のソース利用するデジタル情報に移行する取り組みを推進しています。イプソスの「新しい利用実態調査」のアプローチは、最先端のあらゆる技術を統合し、意思決定のプロセスをスピードアップします。

  • ソーシャルリスニング
  • 定性的アプローチ
  • 最新式のデバイスアグノスティック調査
  • 「ブランドディップ」、「モバイルダイアリー」、「ショッパー」、「ポップアップコミュニティ」などのモジュール

スマートセグメンテーション

セグメンテーション調査を成功に導くことができる「単独のソリューション」はありません。しかし、事前に条件設定を行って、セグメンテーション調査を円滑に行う方法は多数あります。イプソスは、クライアントのビジネス上の課題に対し、最も重要なセグメンテーションを選定するサポートをします。これができれば、セグメントだけでなく調査結果の実効性に大きな影響を及ぼします。

マーケットストラクチャー

イプソスでの「マーケットストラクチャー」では、消費者がショッピングをする際や使用する際に、製品、ブランド、SKUを整理していく様子を詳しく知ることができます。また、ニーズの状況、場合、態度、利用、属性などのさまざまな領域を含む構造マップを提供しています。

ケーススタディ

最も重要な情報は必ずキャッチしよう: ある家庭用電化製品企業は、「知っているとよいこと」は飛ばし、本当に「知っていなくてはならないこと」を明らかにするためのU&A調査を実施したいと考えていた。調査の第一段階ではイプソスはデスクリサーチとソーシャルリスニングを使って、クライアント企業内の知識ギャップを特定した。その後、市場理解を深める目的でにモバイル調査を導入し、第一段階の調査で立てた仮定を調査に利用した。続いてポップアップコミュニティを使い、最も関連の深い消費者のニーズについて、掘り下げた調査を実施した。調査を1つ行う代わりにこのアプローチを使ったことで、クライアントは「点と点を結びつけて全容を明らかにする」ことができた。このアプローチは反復して利用できるので、クライアントはポテンシャルの高いいくつかのアイデアをすでに導入することができました。

ニーズがあるのはどんな人? ある食品メーカーは、ニーズの現状をオケージョンベースで把握するため、セグメンテーション調査を実施したいと考えていた。イプソスは、成長著しいのスナック菓子市場にある、消費者の多様なニーズを把握するため調査を実施した。この情報でクライアントは現在の製品ポートフォリオと最適な領域をリンクさせることができ、新製品のアイデアがどの領域に適しているのかを把握することができた。

機会を見出す:イプソスは「マーケット・ストラクチャー」を利用し、クライアントの某飲料メーカーが、「自社製品のカテゴリーが飲料市場において、どこにポジショニングしているのか」を理解できるようにした。また、イプソスは、パーセプションマップ(代替可能なカテゴリーや、隣接カテゴリーなどの情報を含む)をクライアントに提供し、市場のホワイトスペースを見出せるようにした。

コンシューマー&ショッパー