Ipsos Mobility Navigator
Clinics and Mobility Labs

イプソス モビリティ ナビゲーター

OUR SOLUTIONS
自動運転、EV、シェアードモビリティ、コネクティビティ、先進装備といった、自動車関連主要トピックに対する消費者の考え方を理解するのに役立ちます

ここ130年、自動車はゆっくりと、そして着実に進化してきました。しかし、最近の自動車業界はまるで高速道路の追い越し車線を走行しているかのようです。新しい技術が人々の運転を変え、従来型のエンジンも消滅しつつあるなか、私たちは自動車ビジネスのエキサイティングな新時代へと踏み出しています。こうした混乱の中で、マーケッターには変化する時代をナビゲートするための最新のデータ、リサーチ、インサイトが必要となるはずです。

2021 イプソス モビリティ ナビゲーター」は、自動運転、EV、シェアードモビリティ、コネクティビティ、先進装備といった、自動車関連の主要トピックに対する消費者の考え方を理解するのにうってつけの調査です。3年目を迎えたイプソス モビリティ ナビゲーター調査は、クライアントの皆さまのニーズにより一層お応えすべく設計を一新し、重要なテーマに対する消費者の行動を効果的かつ徹底的に掘り下げています。調査結果は、競争の激しい自動車業界に関わるすべての人にとって不可欠なものと言えるでしょう。

2021年版調査の新しい特色

  • 5つのマーケットにフォーカス:日本、US、中国、ブラジル、ドイツ
  • 北米イプソスの自動車専門家が調査を主導
  • 全3モジュールの調査設計を一新。消費者行動に焦点を当て、現在の購読クライアントからのフィードバックに基づいて内容を拡充
  • 主要な指標になる設問を修正し、年単位の傾向把握を強化
  • レポートを改善(インサイト、チャート、集計表): 社内へ簡単に展開できるフォーマットに

調査モジュール

  • モジュール1 自動運転&ADAS:2021年4月
  • モジュール2 電動化(ニーズと購入意向):2021年7月
  • モジュール3 シェアードモビリティ(カーシェアと配車サービス):2021年10月

スコープ/納品物

  • 5か国で実施:日本、US、中国、ブラジル、ドイツ
  • 各モジュール6,000サンプル回収(USは2,000、他は各1,000)、各国の人口動態にあわせた性別・年齢割付
  • 納品物(英語): レポート、クロス集計表(Excelファイル)、SPSSデータ(ラベル付き)

価格

  • 完全版:全5か国、全3モジュール・・・350万円(税別)
  • 1か国のみ、1モジュールのみ、過去調査セット購入など、詳細は担当までお問い合わせください(お問い合わせフォームはページ下にあります)

モジュール1:自動運転&ADAS

人々はクルマに運転をまかせる心構えができているでしょうか? このモジュールは、自動運転に対する消費者の意識にフォーカスします。また、16の先進技術に対する認知、関心、利用、支払意思額(Willingness To Pay)を調査します。

Topics

  • 自動運転モード搭載車の認知度、イメージ、現在の利用状況、今後の利用意向、購入検討度
  • 自動運転関連の設問(意識、用途など)約20問
  • 自動運転モードでクルマを操作・走行する場合のドライバーの行動についての理解
  • 最も信頼できる自動運転車メーカー
  • デモグラフィック(年齢、性別、年収など)

モジュール2:電動化(ニーズと購入意向)

ドライバーにとって、EV購入を検討するうえで欠かせないこととは? このモジュールではEVに対する消費者の考え方をさまざまな角度から掘り下げます。

Topics:

  • 従来のガソリンエンジンと電気モーターに対する考え方
  • BEV/HEV/PHEVの受容性と関心・購入意向
  • EV利用・所有の障壁(航続距離、充電インフラ、価格など)
  • EV購入前の消費者ニーズと検討事項(低価格、航続距離の長さ、デザインの良さ、車体の大きさ)
  • サイコグラフィック(環境、地球温暖化、代替エネルギーへの関心)
  • 自動車保有状況、デモグラフィック(年齢、性別、年収など)

モジュール3 シェアードモビリティ(カーシェアと配車サービス)

現在利用できるカーシェア、配車サービス、タクシーサービスについて人々はどう思っているでしょう? このモジュールでは、これらのサービスに対する消費者の意識や、シェアードモビリティを選択する際の動機、利用経験を調査します。

Topics:

  • カーシェアや配車サービス、その他のモビリティ(タクシー、バス、電車など)の認知度・利用度
  • 普段の移動ニーズ、目的地までの距離
  • 交通手段のニーズ(都市部、郊外、農村部)
  • 消費者が自動車/移動手段をレンタルするシーン
  • 公共交通機関の利用ではなく自動車/移動手段をレンタルする理由
  • サブスクリプションサービス/モビリティサービス/フレキシブルリースへの興味
  • シェアードモビリティサービスの価格受容性
  • 自動運転を活用するライドシェアサービスへの関心
  • デモグラフィック(年齢、性別、年収など)