クリーン、グリーン、低価格:容器包装の持続可能性、衛生性、価値のバランス

COVID-19の世界では、持続可能性、衛生状態、価値のバランスをとることができる企業は、長期的な評判のエクイティを構築し、成功の可能性を高めるでしょう。

Clean, Green and Affordable | Sustanable packaging | Hygiene | Coronavirus | Ipsosコロナ後の 「ニューノーマル」 の容器包装には、競合する緊張のバランスをとることが含まれます。衛生、気候危機時の持続可能性、そして不況時に価値を提供することの重要性が新たに強調されています。

世界中の多くの消費者は、低次のマズローのニーズ(健康、可処分所得)に対する差し迫った圧力に直面することになるでしょう。そのため、持続可能性の問題は、その背後にある感情の強さにもかかわらず、実際には優先順位が下がるリスクがあります。

社会的・倫理的リーダーシップの立場を取ることで、製造業者は消費者がこれらの要因のどれかの間で不快な妥協を強いられることがないようにすることができます。製品と包装の開発は、厳格な衛生状態、家計支出の即時制限、そして持続可能性に対する長期的な社会的認識に対する 「ニューノーマル」の要求に等しく応える必要があります。

人々の健康や環境に対する姿勢が示すように、持続可能性はCOVID-19の絶頂期においても依然として重要です。「クリーン、グリーン、低価格」 では、消費者の信頼感が低下し、衛生に対する感受性が高まっているにもかかわらず、環境面での成果を向上させ続けることができる企業は、長期的な評判のエクイティを確立し、成功の可能性を高める機会があることがわかります。

You can hear all three authors of the paper in conversation about the key themes running through it, in this half-hour episode from our ongoing series of “Ipsos Talks”:

シリーズ「Ipsos Talks」の30分のエピソードで、このペーパーの3人の著者が、主要テーマについて語ります。

ソリューションの詳細はこちら

コンシューマー&ショッパー