Corporate Reputation | Ipsos
Corporate Reputation

コーポレート レピュテーション

OUR SOLUTIONS
ステークホルダーとの信頼関係を構築することで、評判の価値を引き出します。

イプソスは、クライアントのビジネス・パフォーマンスに影響を及ぼす重要性がますます高まっているビジネス資産であるレピュテーションの価値を引き出すお手伝いをします。組織のバリューチェーン全体にわたって効果的なレピュテーション管理を行うことで、すべてのステークホルダーが企業の使命と目的に関与するようになります。

イプソスは、評判、危機管理、コーポレートコミュニケーション、および企業ポリシーに関して、より良い意思決定を目指すビジネスリーダーのための専門的な調査とガイダンスを提供する最も信頼できるソースとして広く認識されています。私たちは、複数の市場や文化を横断して、世界有数の企業に自社の評判を管理する方法についてアドバイスすることで、協力関係を築いています。

40年以上の経験とレピュテーション調査の国際的な専門チームにより、企業の評判を確立するための問題と行動を特定できるよう支援します。私たちは、語ることと実際の行動の間にある認識されたギャップを特定し、それを埋めるのに役立つ調査を設計します。これは、私たちのアプローチが、信頼が評判の中心であり、約束したことを実行する企業が世界で最も信頼されているというエビデンスに基づいているからです。

クライアントと協力して、顧客、従業員、政府機関、メディアなど、クライアントのビジネスの営業許可や競争力に影響を及ぼす可能性がある主要なステークホルダーを特定し、関与させています。

イプソスのレピュテーショントラッキングの手法には、レピュテーション全体の健全性と信頼性、主要ドライバーの分析、問題管理、コミュニケーション、およびワークショップが含まれており、クライアント企業のポジショニングとステークホルダーの認識との間の内部/外部の整合性を確保するように設計されています。 また、「課題と危機管理」「CSR/サステナビリティの影響と最適化」「コミュニケーションプランニング」 などの調査を実施しています。

すべてのプロジェクトを通して、私たちの目標は、クライアントの現在および将来の評判に関する課題に取り組む戦略的インサイトを提供することです。そのため、イノベーションが当社のサービスの鍵であり、エクイティフロー(企業ブランドと消費者ブランドの間で価値が移動する方法)や、調査データとソーシャルメディアデータを統合するレピュテーションインテリジェンスシステムなどの分野で、エキサイティングな新開発に取り組んでいます。

ケーススタディ: 

グローバル規模のインターネット企業

ビジネス上の課題:評判の脅威と機会という文脈の中で企業ブランドに関する意見を評価する世界的な調査の8年目。

イプソスのソリューション:この調査では、ブランドのポジショニング、強みと弱み、業界および社会的問題に関する定性的な質問に加えて、主要なレピュテーションメトリクスもカバーした。企業に対する主要な意見を形成する人々に対するこの調査は、今年で8年目であった。

その結果・・・ この研究は、戦略的計画立案プロセスにおける重要な指針と見なされている。同社の方針とメッセージ開発戦略を伝え、主要な影響力者の関与活動を先導するものとなった。

グローバル規模の石油・ガス企業

ビジネス上の課題:クライアントのグローバルな評判管理に焦点を当てた、8つの市場にわたる調査。

イプソスのソリューション:優先度の高い問題を特定する主要ドライバ分析と、主要業績評価指標 (KPI) の定義とモニタリングが含まれる。これらのKPIの一つは、選択した属性ステートメントへの応答に基づく複合「信頼指標 Trust Index」である。地域のコミュニケーションチームには高度な自律性がある。この調査の価値を彼らに納得してもらうこともイプソスの役割である。

その結果・・・ 調査は、堅牢で関連性が高く、戦略的に焦点を絞ったインサイトをローカルの経営陣に提供した。組織全体の変革を推進するのに役立った。

グローバル規模の消費者製品企業

ビジネス上の課題:イプソスは、グローバルな消費財企業のブランド・アーキテクチャの戦略的レビューを支援するために、国際的なレピュテーション調査とコンサルティングを提供している。このプログラムは、製品ブランドの変革を始める同社にとって根本的な変化である。

イプソスのソリューション:私たちは変革プロセスにおける戦略的パートナーであり、組織全体のコミュニケーションリーダー、ビジネスリーダーと協力する。

その結果・・・ 広告に初めて登場するコーポレートブランド。このとき、コーポレートブランドの再編に対する外部の認識と内部の支持が生まれた。