フェイキズムの台頭

マーケッターにとって人々の注目を集めるために、広告とクリエイティビティを実際のトレンドにうまく反響させるのはいまや当然のことです。ですから、今年のカンヌのクリエイティビティ部門の勝者の多くが独自の方法でフェイクニュースのコンセプトを取り入れている様子は、驚くべきことではありません。

フェイキズムの台頭

人々を「それが本当」だと信じさせようとしている、真実のふりをしたフェイクニュースが多くなってきています。Facebookでシェアされた記事を例に挙げると、「フランシス教皇がトランプを支持」「俳優のモーガン・フリーマン、10月に死亡」などがあります。

Arnaud Debiaがまとめたペーパーでは、広告における「フェイキズム」(偽物主義)の台頭と、ブランドがそのコンセプトをどのように使用しているか(時には間違った使い方もあるが)を考察します。