ブランド成長への地図

あなたにマクドナルドを連想させる “I’m Lovin’ it”という言葉も、黄色いMのマークも、どちらも重要な売上げをもたらす顕著な例です。

ブランド成長への地図

ブランド・メンタル・ネットワークはシンプルなツールです。このツールは消費者があなたのブランドについて持つ、最も連想性の強いイメージを明らかにします。消費者が耳慣れた言葉を聞くたびに財布に手を伸ばしてくれるか、あるいはブランドを認識することができないかで差が生じます。それがこの連想性の強みです。顕著な連想性はブランドの成長とロイヤルティを促進します。

しかし、ブランド・メンタル・ネットワークの強みはそれだけではありません。あなたのブランドの顕著な関連性を競合のそれと比較すると、あなたのブランド独特の連想性と拡大とターゲティングに理想的な領域を特定することが可能です。ブランド・メンタル・ネットワークは消費者の心の中で、カテゴリーのジェネリックとブランドの特定のポジションを区別することができます。ですから、重要な瞬間にあなたのブランドを、あなたのブランドだけを想起するメンタルな近道を特定することができます。

ブランド・メンタル・ネットワークが役に立つのは・・・

ブランドポジショニング:顕著な特徴を高めるために、何を強め、一新し、変更すればよいか?

  • 私のブランドはメンタル・ネットワークが強いか?ブランドの戦略的方向性とあっているか、あるいは正す必要があるか?
  • 競合と区別できているか?もしそうでなければより特色を示すためにブランド・メンタル・ネットワークをどのように変えればよいか?

コミュニケーション:この変更に影響を与えるためにコミュニケーションどう使えばよいか?

  • コミュニケーションやその要素は、ブランド・メンタル・ネットワークを通じたものか?
  • 人、場所、思い出、伝統などに対するパーソナルな連想性はあるか?またそれがコミュニケーションによって想起させられるか?

特徴的な資産:ブランド・メンタル・ネットワークを通じたものか?

  • タッチポイントでブランドが最も注目を集めるために、パッケージング、POS、コミュニケーションにどの資産を使えばいいのか?