パノラマビュー:私が競り合っているのは誰なのか、何なのか?

誰と競争するかという質問に対して、正確で完全な答えを得ることが重要です。

With whom and with what do I truly compete? | Ipsos意思決定に関する最新の科学に基づき、本ペーパーでは、どこから競争相手が来ても攻略できる方法を紹介します。消費者の心理状態、選択肢、そして相互関係が深まる現代社会で複数の選択肢を与えられたときにどのように意思決定を行うかについて、明確なパノラマビューを提示しています。

購買は2段階の意思決定プロセスです。柔軟で文脈に依存するため、最小限の手間で多くの製品を迅速に選別することができます。現在の特徴を俯瞰することで、未来の軌道を見極めることができ、ブランド価値が復活します。よく言われるのは、「あるブランドに向かって誘導されれば、人はそのブランドに引き寄せられる」というものです。

本ペーパーでは、自己生成のステージにおいて、単一の製品カテゴリーや特定のブランドが登場することのマーケティング的な意味について考察します。このアプローチは、戦略を練り、ブランドエクイティを構築し、ブランド選好を生み出す唯一無二の機会を提供するものです。

主なポイント

  • 消費者はまず選択肢を自己生成し、それを選ぶことで意思決定を行うが、その後ブランドリストから選ぶのではこの実態を把握することはできない。
  • 現在の調査で決定的に欠けているのは、自己生成段階の検討と理解である。
  • この段階をよりよく理解することで、マーケッターは、競合相手をより幅広く把握し、カテゴリーとブランドの相対的な重要性を理解し、ブランディングの機会がどこにあるのかを判断することができるようになる。

メディア&ブランドコミュニケーション