なぜデジタルメディアなしではいられないのか

ジュディはいつもスマホを手にしています。実際には話しているわけではなく、スケジュールを調整したり、友人とつながったり、弟の面接が上手くいくよう手伝ったり、ランチの場所を吟味したり、いま何が起こっているのかをチェックしたり、実に様々なことをやっているのです。

デジタル時代には、メディアはもはや単なる娯楽や情報の領域にはとどまりません。いま、私たちがどのように仕事をし、遊び、コミュニケーションし、つながり、さらには愛を見出すかまで、私たちの生活のあらゆる側面に触れるように蔓延しています。文字通り、私たちはメディアなしでは生きられないのです。

この記事では、ピーター・ミニアム(Peter Minnium)が、メディアとメディア以外のインタラクションの境界がどのように打ち破られてきているのかを探り、ユニークなケーススタディを紹介しています。

記事全文を読む