ビューティ・トライアングル

日本、中国、韓国における、女性にとっての美の役割

The Beauty Triangle - The role of beauty for women in China, Korea and Japan | Ipsos

「ビューティ・トライアングル(美の三角地帯)」 と呼ばれる日本、中国、韓国は、それぞれの国内だけでなく、アジアやその他の地域においても、美の重要な市場です。これらの市場が協力することで、今後数年間でビューティーカテゴリーの成長を牽引し、世界中の人々の態度や行動に影響を与えるイノベーションやトレンドを生み出すことが期待されています。

イプソスは、これら3つの市場における女性のニーズと動機を理解するための多段階調査を実施しており、これらの地域の消費者に共鳴する価値提案を開発するために、ビューティーカテゴリーのプレイヤーにとって重要なインサイトを提供しています。

これは、ビューティ・トライアングルにおける女性の共通性と多様性の両方を明らかにしました。例えば・・・

  • 内面と外面の美しさのバランス:日本、中国、韓国の女性の84%が、内面的な自己とバランスが美しさを感じる秘訣であることに同意している。一方、外見については71%の女性が同意している。
  • エンパワーメントと、「他人のための美」から「自分自身のための美」への進化に関する共通の探求がある。
  • 消費者のコアセグメントは「努力する人たち(The Striver)」から「支持する人たち(The Uphoder)」までの6つ。ニーズと動機の違いを示している。

新型コロナウイルスの大流行は既存の傾向を加速させ、世界中で新しい行動を生みました。このような変化は、社会文化的規範と経済的現実が何世代にもわたって社会における役割を形作ってきた 「美の三角地帯」 の女性に特に感じられました。彼らの美に関連した行動は変化したかもしれませんが、彼らの深く根差した動機は残ると考えられます。

女性の生活における美の役割を考えると、影響の規模は、関連性があり意味のある方法で彼女たちの近くにいる化粧品ブランドにとって重要です。

詳細は The Beauty Triangle: The role of beauty for women in China, Korea and Japanでご覧ください。

コンシューマー&ショッパー