ブラックフライデー2020:長年の小売イベントに新たな息吹を吹き込む時

2020年のブラックフライデーは、これまでとは違うものになりそうです。それは小売業者にどんな結果をもたらすのかわかりません。ブラックフライデーそのものの死の前兆となるかもしれません。

Black Friday 2020 | Ipsosコロナ禍の真っ只中でビッグセールの誘惑に消費者がどう反応するか、そして小売業者がどのように事業計画を実行するかに、多くがかかっています。

ブラックフライデーの歴史ツアーでは、それが謙虚なスタートから、世界の多くの国で複数日にわたるデジタル小売の大イベントへと、どのようにして進化したかを示しています。

ブラックフライデーは、オンライン小売の拡大により、成長が見込まれています。しかし、成熟には課題が伴います。たとえば・・・

  1. 他の小売イベントとの競争の激化
  2. チャネルにとらわれない市場における関連性
  3. 充足感の制約

また、最近のブラックフライデーに対する環境関連の反発や、今日の派手な消費に対する態度の中で、このイベントがどのように推移するかについても考察します。

今年の小売業者の主な戦略には以下のものが含まれています:素早く早期に実施する、オンラインでの販売を促進する、クリックアンドコレクトを促進する、モバイル機器でのショッピングを最適化する。

この暗く、不快で、ドラマチックな日々を小売業者が安全に乗り切る方法について、イプソスのブラックフライデー2020(Black Friday 2020) に関するペーパーをお読みください。

イプソスのソリューションを見る

昨年以前のバージョンはこちらからご覧いただけます

ダウンロード

コンシューマー&ショッパー