ブランド成長: 人数か、頻度か、それとも両方か?

ブランド成長に対する既存顧客の貢献

ブランド成長: 人数か、頻度か、それとも両方か?

ブランド成長の方法を理解し、明確にすることは、業界が最も興味を抱いていることです。「どうやって自分のブランドを成長させるか?」・・・イプソスは長きに渡り、クライアントの皆様がこの答えを見つけるお手伝いをしてきました。

イプソスでは、ブランド成長の素因はより多くの人々が、より頻繁に、より簡便にブランドを購入できることだと考えています。

  • 「より多くの人々」は、主にブランド浸透度に関連する
  • 「より多くの頻度」は、既存顧客の支出の中で、どの程度の水準またはシェアを得られるかに関連する

  • 「より簡便に」は、利用しやすさ – より多くの人々がある一つのものが、別の候補より簡単に手に入ると感じられると、手に入りやすいほうを選ぶ傾向がある

 

ブランド欲求を創り上げるということは、ブランドへの強い精神的なつながりを創ることです。決定を下す‘その瞬間’に心に浮かぶ突出したブランドにし、ブランドとのつながりを確立する機能的、感情的ニーズを満たして関連性を創出するのです。しかし現状では、ブランド成長にはブランド浸透の拡大で十分だという考え方が主流です。これは単純にブランド購入者が増えればいいと考えられているということです。

イプソスラボラトリーによるこのペーパーでは、200以上のブランドに関する消費者の購買行動を12ヶ月以上にわたって調査し、「より多くの人々」と「より多くの頻度」の重要性についての調査結果が提示されています。ブランドの成長は、浸透度の向上だけではなく、既存顧客からの支出水準の維持または増加が重要だということを明らかにしています。