消費者の意識

ますます不安定化する世界での新たな生き残り戦略とは

POV cover世界がより不安定になるにつれ、ブランドが消費者行動の変化に対応できることがこれまで以上に重要になっています。

消費者意識の高い企業は、消費者ニーズをより意識し、それに適応しており、ニーズの開発や市場の混乱に対してより機敏に対応しています。
消費者中心主義は、ビジネスの推進に消費者のインサイトを利用する戦略を説明するためによく使われる用語です。企業は消費者により近づくためにさまざまな戦略を用いています。しかし、このような戦略は本当の意味での「消費者中心」の組織をもたらすものではありません。


このペーパーでは、組織におけるある種の消費者意識を構築するために、脳科学とデータ科学/分析の分野での最近の発展に基づいて、より全体的な戦略を概説します。ビジネスの中心に消費者を置く、統合された学習システムです。


消費者志向の企業には3つの要素があります。

  • 消費者データの可用性と接続性
  • 適切な分析能力を備えた「コネクティッド」な消費者データプラットフォームが、フレッシュで新しい消費者インサイトを生み出す能力。
  • これらの消費者インサイトの活性化のレベルと、消費者データプラットフォームへの学習のフィードバック

動画をご覧ください

消費者の意識を真に把握しようとする企業のために、イプソスは5つの重要な成功要因を特定しました。

  1. 第一に、インサイトを生み出すのは特定のスキルであり、その責任とキュレーションは単一のコマンドの下にあるべきである。これにより、品質の一貫性が確保され、収益性の高いマーケティング介入でのインサイト活性化が容易になる。
  2. 第二に、様々なデータソースの統合を確実にするために、インサイトは全体論的で 「脱サイロ化」 されるべきである。企業は、インサイトを生み出すこととデジタルアナリスト、コンピュータサイエンティスト、マーケッターとの間に強いつながりを築くことがますます重要になっている。
  3. 第三に、手仕事の、定性的なキュレーションは、消費者インサイトを生み出すための重要なスキルである。しかし、自動化されたデータの世界では、デジタルアナリティクスやデータサイエンスを通じてインサイトを生み出すこともできる。
  4. 第四に、消費者データの収集とインサイトを生み出すことは、アドホックな活動ではない。データ収集とインサイト生成が24時間365日いつでも自動でできる 「常時オン」の 機能が必要である。重要なのは、さまざまなソースからの大量の消費者データを統合プラットフォームで管理できる、スマートなデータ戦略とアーキテクチャを検討することだ。
  5. 第五に、複雑さを軽減するためには、少数の外部パートナーとともに、意識的な消費者データのエコシステムを構築し、維持する必要があると考える。

 

ダウンロード

コンシューマー&ショッパー