目覚める共感力

共感できる組織の力

Empathy awakened | Ipsos継続的な変化と絶え間ない調整の中で、適切なリサーチは、より信頼性の高い戦略的方向性を提供するのに役立ちます。特に、これまで絶対的に知っていたことの多くが変化し、昨日までの解決策の一部が時代遅れになってしまった場合には。

リサーチャーは、現実の経験やより深いモチベーションや感情に目を向けるために、強い共感力を身につける必要があります。今こそ、私たちがサービスを提供している人々を再発見する時です。彼らがどんな人で、どんな人になろうとしているのか、彼らを駆り立てるものは何か、彼らに不満を抱かせるものは何か、そして、どうすれば彼らの湧き上がるニーズを満たし、彼らを喜ばせることができるのか。

共感的なレンズを適用することで、インサイトを、予測可能なソリューションを生み出すような離れた観察から、消費者の機能的および感情的なニーズの両方を満たすものに変えることができます。効果的な共感を得るためには、自分の世界から相手の世界に入り、適切なインサイトと断固たる行動をもたらす緊張感を見て、経験することが必要です。

さらに、イプソスの調査によると、消費者は、企業が共感できる資質を示し、顧客を人間として理解することを望んでいます。 特にミレニアル世代とZ世代は、より広い共感を示してくれる企業から何かを購入する可能性が高いと答えています。

本ペーパーでは、共感の文化を創造することの重要性とメリットを概説し、ビジネスにおける共感的アプローチを開発するための4つのステップのフレームワークを紹介します。

Consumer Empathy Framework | Ipsos

  1. 共感筋を鍛える – 会話や観察から最大限の効果を得るために必要なスキルを鍛える
  2. 一貫して接続する – 定期的に、実際の生活の中で、実際の人々と接続する
  3. 行動に移す – 人間中心のアイデアと、それを実現するための具体的な行動計画
  4. 共感エコシステムの構築 – 学んだことを保持し、ビジネス全体で共有できるようにすることで、コラボレーションと集合知によるフィードバックループを生み出す

コンシューマー&ショッパー