ライフサイエンスにおけるブランド成功の秘策としての ESG

民間企業も環境、社会、ガバナンス (ESG) 問題に対して責任を負うべきであるという考えが世間一般にも広まっており、こうした要素はもはや国民や政府だけの責任ではありません。特定のビジネスセクター(特にエネルギー企業、自動車メーカー、航空会社、公共交通機関)は環境フットプリントを削減する義務が高まっていると認識されていますが、どの業界も責任ある行動の必要性から逃れることはできません。

製薬、バイオテクノロジー、 臨床検査機器メーカーなどを含むライフサイエンス企業は、すでに ESG プロファイルを改善するための方針を積極的に策定および実施していますが、ほとんどの取り組みは組織レベルで行われています。今後は、単なる「慈善活動」にとどまらず、バリューチェーン全体の運営方法を包括的に見直すことに重点を置く必要があります。

本稿では、ライフ サイエンス企業が組織レベルを超えて ESG 戦略を個々のブランドに適用する方法を探ります。また、信頼性を持ってESG 戦略を行うことで、ブランドの成功を促す新たな要因としてどのように貢献できるかについてもご紹介します。

POV を見る

More insights about ヘルスケア

ニューサービス