イプソス、Global Trends 2023 を発表:新たな世界の混乱

2023 年の幕開けとともに、私たちは多方面にわたる危機に満ちた新しい世界の混乱に突入しています。大手インサイト企業 であるイプソスが実施したこれまでで最大の グローバル・トレンド 調査によると、世界の74%が、政府や公共サービスは今後数年間、人々を助けるためにほとんど何もしないと考えていることがわかりました。

著者
  • Billie Ing Global Head of Trends and Foresight, Ipsos Strategy3
  • Ben Page CEO Ipsos
Get in touch

企業や機関は、人々が直面している大きな課題によって、市場ごとに異なる計画と解決策を提供しなければならないという明確な義務を負っています。しかし、国(36%)や企業(45%)が長期的な将来計画を立てるのが得意だと考えている人は半数以下です。

フルレポートにアクセスする

2023年、企業や機関は何に注目すべきなのか?

世界の人口の70%、GDPの87%を占める50の市場において、48,000人を対象として実施したこの調査では、モニターを続け、それに対して準備しておくべき次のような明確なトレンドが浮き彫りになっています。

1. グローバルとローカルの間の緊張の高まり

脱グローバル化が叫ばれているが、世界の少なくとも10人に6人は、グローバル化は個人的(62%)にも市場(66%)にとっても良いことだと考えている。この10年間、地政学的な緊張が悪化しているにもかかわらず、この数字は緩やかに上昇している。

2. 10 人中 8 人が、私たちが習慣をすぐに変えない限り環境破壊に向かうという意見に同意している

合意が得られていないのは、それに対処する方法だ。これほど高いレベルの懸念があるにもかかわらず、半数以上が「科学者は環境問題について自分たちが何について話しているのかよく分かっていない」という意見に同意している。

3. グローバルな部門にもかかわらず、Ipsos Global Trends は、人々がブランドとビジネスに明確な期待を持っていることを示しています

80%が「ブランドはお金を稼ぐと同時に善い行いを支援することができる」と考えており、ほとんどの人がビジネスは善の力になりうると考えているが、同時に53%はビジネスリーダーが真実を語ることを信用していない。そして、ほぼ3分の2(64%)は、「たとえコストがかかっても、責任ある行動をとるブランドから製品を買おうとする」と回答している。

4. テクノロジー大企業の規制を求める声が高まる中、10 人に 6 人が技術の進歩が私たちの生活を破壊することを恐れている

同時に、71% はインターネットなしの生活は想像できないとも言っている。これは、私たちの多くがテクノロジーについて考える際に経験する認知多相症(cognitive polyphasia)を象徴している。さらに81%の人が、新しい技術によってある程度プライバシーが失われることを覚悟していると答えている。

5.  世界的に暗い見通しの中、自分自身の将来性には自信を持っている

私たちの楽観主義バイアスは明らかだ。来年、世界全体がどうなるかを楽観視している人は 31% にすぎないが、ほとんどの人が自分自身を幸せだと考えており (57%)、59%が自分と家族の 2023 年がどうなるかについて楽観的である。

ポリクライシスにおける正しい意思決定

イプソスのグローバル CEO であるベン・ペイジは、「"Twitchy Twenties"を乗り切るには、細部が重要だ」と述べています。 「ブランド、政府、個人がどのように協力すれば、グローバル社会が直面している複数の危機を解決し、私たちが目にする個人的な希望と楽観主義を築き上げることができるのだろうか?」

イプソス グローバル・トレンド 2023 は、将来起こりうる様々なシナリオに対して意思決定を行うために必要なデータを提供します。次の 10 年間を形成するマクロ フォースを共有し、グローバルトレンドのフレームワークで見られる変化を確認し、対応策とレジリエンスを構築する方法を提案します。

私たちのレポートは、トップライン データからストーリーを伝えます。人口動態の違い、地域別分析、セクターや市場別のインサイトなど、より深く掘り下げた分析をご希望の場合には、この豊富なデータソースのカスタム分析についてお問い合わせください

フルレポートにアクセスする


本調査について

イプソスは、2022 年 9 月~ 11 月、16 歳以上の 48,541 人に調査を実施しました。ほとんどの市場で、調査は 16 歳~75 歳または 18 歳~75 歳を対象にオンラインで実施されました。ただし、インターネットの普及率が低い 4 つの市場では異なる方法が使用されました(ナイジェリア、パキスタン、ザンビアでは対面調査、ケニアでは電話調査)。

各市場のデータは、年齢、性別、学歴などの要因ついて最新の国勢調査データに基づき、サンプルの構成が成人人口の構成を反映するように加重されています。本リリースとレポートに記載されている世界全体の数値は、人口規模による加重はしておらず、全50 市場の平均値となっています。すべての世論調査は、さまざまな潜在的誤差の影響を受けます。

著者
  • Billie Ing Global Head of Trends and Foresight, Ipsos Strategy3
  • Ben Page CEO Ipsos

Society