イプソス、レポーティングのエキスパートであるData Liberation社の株式の過半数を取得

イプソスは、イギリスに拠点を置く自動レポートの専門企業、Data Liberation社の株式の過半数を取得することを決定しました。これは、迅速で、アクセスしやすく、ダイナミックな調査結果を提供することの重要性を認識しているからこその決定です。

Data Liberation 社は、市場調査結果の提供に重点を置き、フル機能のレポート作成ポータルとダッシュボードを構築しています。このツールを使用すると、PowerPoint上でデータを最大限に視覚化できます。

今回の買収は、Data Liberationとイプソスの15年間にわたる提携に続くものです。これはクライアントの素早い意思決定に寄与するために、レポート作成の自動化機能を強化し、より迅速でアクセスしやすい調査結果をご提供するというイプソスの判断を反映しています。Data Liberation社は新しくローンチした自動調査プラットフォームである「Ipsos.Digital」に統合されます。

Data Liberationの最高経営責任者Chris Morgan氏は次のように述べました。「イプソスの一員に加わることを非常に楽しみにしている。今回の買収によって、Data Liberationのソリューションを拡大し、真のグローバルプラットフォームを提供する新たな機会が生まれる。」

Ipsos.DigitalのCEOを務めるAndrei Postoacaは「高性能なDIYプラットフォームを提供するには、レポート作成が不可欠だ。Data Liberationとともに、イプソスはクライアントやリサーチャーがリアルタイムで成果を最大限に活用できるようにする。」と述べました。

ダウンロード