買い物客のESGに対する考えを行動に移す

行動の変化を促す方法。

環境、社会、ガバナンス(ESG)のポリシーに関しては、誰が何に責任を持ち、どのような手順を踏み、どのようなインセンティブがあるのかは、買い物客、製造業者、そして小売業者にとって必ずしも明確ではありません。

顧客は、個人のどのような行動が最も大きな影響を与えるのかについて定かではありません。

ESG のために、誰が何をすべきかについて混乱があるだけでなく、ESG に関連する活動には、メリットよりも問題点や苦労が伴うことが多々あります。例えば、サステナブルな製品を購入する買い物客にとっては価格が上昇し、製造業者や小売業者にとっては、よりサステナブルなサプライ チェーンやロジスティクスチェーンを実現するためのコストが増加します。

結果的に、ESGの重要性を主張する人々がいるにもかかわらず、 ESGに積極的に取り組む行動に関して買い物客の間には惰性が生まれるのです。

以下の点について、詳細は、「買い物客の ESG に対する考えを行動に移す」をご覧ください:

  • ESG が買い物客、製造業者、小売業者にどのように影響するか。
  • 人と地球にとってより良い世界を創造するために、それぞれが果たすべき責任とは。
  • イプソス の「Me – My World – The World」フレームワークが、ブランドが買い物客のニーズに応えるためにどのように役立つか。

  • 本物志向と関連性が、買い物客の行動を変化させ、考えから行動への移行を促す方法。

買い物客の ESG 行動を実行に移すためにイプソスがいかに役立つかについては、著者のStuart Wood (ショッパーインサイト) とDanielle Doran (チャネルパフォーマンスとESG) にお問い合わせください。詳細はこちら:

POVを見る

ショッパーインサイト | イプソス

イプソスとESG | イプソス

コンシューマー&ショッパー