【CSR】イプソス基金、コロンビアのRumbo Emprenderを支援

イプソス基金は、コロンビアの学生が社会起業家になるためのプロジェクトである「Rumbo Emprender」を支援することになりました。

【CSR】イプソス基金、コロンビアのRumbo Emprenderを支援

コロンビアは52年間の内戦を耐え抜いてきました。内戦中にコロンビアで育ってきた若者は、教育課程を修了すること、自身の能力を発揮すること、仕事を見つけること、活動的な市民になることが大変難しい状況にあります。

そこで、ウラバ地域にあるカレパという街を変える取り組みを行う事業、Rumbo Emprenderが立ち上げられました。この事業では、困難な状況にある150人の学生グループが、持続性のある農業、水の利用、教育など、コミュニティのニーズに直結した社会的責任を担う起業を進めるプロジェクトを支援します。

このプロジェクトを通じて、学生たちがコロンビアの平和構築に貢献できる効果的で責任のあるリーダーになるために必要な資質やスキルを習得できるよう彼らの教育を行います。