いまがその時:遠隔医療とバーチャルケアの台頭

コロナ禍でバーチャルケアの重要性が増していますが、これは遠隔医療に恒久的な変化をもたらすのでしょうか。

The Time is now: Telehealth and the rise of virtual care | Ipsosバーチャルケアの利点は、新型コロナウイルスの大流行以前にも世界中のリソース不足の医療システムで認識されていました。プロセスのベストプラクティス、ワークフローのモデル、資金調達のモデルがすでに開発されているため、ほとんどの国での導入は限定的なままでした。

現在、コロナの世界的流行でバーチャルケアが主流となり、予想よりもはるかに短い期間でより多くの人々に体験されるようになりました。しかし、これによって、遠隔医療へと文化が永久に移行するのでしょうか。

世界中の医療ニーズを満たすために、バーチャルケアには数多くのメリットがあります。ケアの利便性、アクセスの向上、予約した通院のために休暇を取らなくてもよい労働者の生産性の向上、コストの削減、臨床医の時間の節約などが挙げられます。コロナ禍以前は、 ベストプラクティスを提供する方法について理解を深める必要があるという考えから、仮想ケアは限られた範囲で展開されていました。いくつかのサービスが人気を集めていたにもかかわらず、遠隔医療スでは、どのプラットフォームを、いつ、どのように使うかについて、まだ不安がありました。

このペーパーでは、21カ国の一時医療医・かかりつけ医の医療におけるテクノロジーソリューションの採用と認識を追跡したIpsos Digital Doctor 2020 調査を含むイプソスの調査を使用して、私たちが新型コロナウイルスの大流行をの間に学んだことと、これが遠隔医療の将来にとってどのような意味を持つのかを見ていきます。

ヘルスケアに関するイプソスのソリューションを知る

More insights about ヘルスケア

ニューサービス