調査への信頼感

調査参加者の信頼感、賛同感、モチベーションを醸成する。

Trust in Research | Ipsos信頼感は、社会が機能するために不可欠であるのと同様に、どのビジネス分野でも必要なものです。しかし、調査対象者を中心とした市場調査においては、特別な意味を持っています。市場調査のために個人的な意見やデータを提供する個人は、それが保護され、適切に使用されることを信頼する必要があります。さらに調査対象者には調査に対して意欲的に参加してもらう必要があります。
私たちは、対象者の信頼を確保することが、信頼性の高いリサーチインサイトを提供するための礎になると考えています。そこで本ペーパーでは、信頼の本質的な要素を探り、対象者やパネリストとの信頼関係を構築し、継続的な関与を促す方法を検討し、市場調査において長期的な信頼と支持を得るためには何が重要であるかを考えます。

イプソスのパネリストの経験を共有し、イプソスのサービスラインであるコーポレートレピュテーション、ブランドヘルストラッキング、ソーシャルインテリジェンスアナリティクスの知識と経験を加えて、信頼に関する幅広い見解を収集します。

いくつかのポイントを紹介します:

  1. 世界や地域の世論調査に参加するなどして得られた公的な存在感は、潜在的な調査参加者に親近感と基本的な信頼感を与える
  2. すべてのデータ収集方法において、調査参加者のデータセキュリティに対して継続して取り組む
  3. 調査参加者一人一人の意見が重要であり、市場調査に参加することで、より大きなものに参加しているという意識を強める
  4. 市場調査業界が進化し続ける中で、パネリストに様々な調査活動に参加する機会を提供することは、パネリストの関心を高め、持続させることにつながる

ニューサービス