ロシアの富裕層:活発な消費者とトレンドセッターの一人二役

個性や体験は、“モノ”よりも価値があります。分かりやすい贅沢は、もはや一般的には受け入れられません。ブランドも、社会的責任のある行動をとるように期待される時代となったのです。

ブランドと価格セグメントを組み合わせる

贅沢さを示す行動は否定され、それを自由に表現する傾向さえも非難されます:

  • “モノ”のクオリティ、ナチュラルさ、機能性の価値が前面に出てきています
  • 「お手頃価格の贅沢」や「お買い得なプレミアム」の方向性に進んでいます
  • 注目は個人そのもの。その人が消費する“モノ”ではなく、個人に価値を見出しています

環境問題や倫理問題で、ブランドは責任ある行動をとるように期待されている

自身を変える準備は万端。とは言っても、以下のような組織・個人の社会的行動が活発化し、積極性が増すのも待ち望んでいます:

  • まず、商品製造業者・サービス供給業者
  • 次に、小売業者
  • そして最後に、消費者自身(の責任)

“モノ”よりも体験にお金をかけたい

富裕層の消費者は、いま、何を求めているのでしょう?

  • 快適さ、サービス、スタイル、デザイン、利便性
  • ユーモア、感情、ストーリー、伝説、“真実のストーリー“、自由の概念
  • オフラインでも家族や友人と、コミュニケーションをとること
  • 商品をプラスの感情・印象、相互作用性(インタラクティブ型)、購入後の体験拡大につなげていくこと

メディア消費

上位中産階級が、主なメディア・チャネルとして使用しているのはインターネットです。プレミア調査(Premier)では97%がインターネットを毎日使用するという結果でした。

プレミア調査:上位中産階級調査。ロシアの人口100万人以上の都市で実施される、高所得層消費者のブランド、製品、サービスの利用と意識に関する調査です。18歳~65歳の2500人(年間)、モスクワでは月収70,000rub.以上、サンクトペテルスブルク 60,000rub.以上、その他の都市 50,000rub.以上、高社会経済階層(SEL)が対象です。 
RusIndexは四半期ごとに実施される、製品やサービスの消費とメディア使用に関する全ロシア調査です。ロシアの人口10万人以上の都市で実施されています。サンプルサイズは年間25,000人です。

コンシューマー&ショッパー