CAR-T:恩恵を受けられるのは、少数しかいないのか

免疫療法の登場はがん治療を変えました。免疫チェックポイント阻害薬の成功は、がん治療に対するほかのタイプの免疫療法の期待も増加させることになりました。

昨年5月、過去最高額で薬価収載されたことが話題となった国内初のCAR-T細胞療法「キムリア」(一般名:チサゲンレクルユーセル)。

2018年に欧州では一足早くCAR-T細胞療法が承認されました。今回のホワイトペーパーでは、現時点での適応患者が限られることから、メディアからのポジティブな注目と関心に反して、その影響は限定的であることをイプソスの所有するデータを基に考察しています。

詳細はペーパーをダウンロードしてご覧ください。

 

More insights about ヘルスケア