価格プロモーションを超えて

販売時点 (Point of Sales)の活性化についての新しいアプローチ

私たちのオムニチャネルの世界は、買い物客の行動を変え、製造業者や小売業者に販売時点(Point of Sales, POS)の活性化に対する考え方を見直すことを促しています。これは、顧客の意思決定のジャーニーで購入を完了させるようとする非常に重要な瞬間です。

価格プロモーション戦略は、今日では販売促進にあまり効果的ではなくなりつつありますが、多くのマーケッターは、値引を提供するなど、価格に重点を置いたPOS活性化を使用し続けています。

すべてのPOS活性化が価格に焦点を合わせる必要はありません。行動科学に目を向けると、新しいPOS活性化戦略概念を導入できる次のような概念が明らかになりました。

  • 代理的目標達成
  • 損失回避
  • プライミング(起爆)
  • フレーミング(構成)
  • オーダーリング(発注)
  • アンカーリング(定着)

新しいPOS活性化ソリューションを開発するには、マーケッターはカテゴリー内で消費者の意思決定ジャーニーをマッピングし、主要なジャーニーを特定した上で行動科学を活用して、さまざまな道筋の買い物客を望ましい行動に導く必要があります。

価格プロモーションを超えてセールスを促進する方法についての詳細は、ホワイトペーパーをご覧ください。

コンシューマー&ショッパー