患者の声を前面に

ソーシャルデータを活用して、変化する医療環境の中で医療従事者と患者の関係に共感をもたらす方法を理解する

POV cover医師と患者の関係における共感については、長い間議論され、検討されてきました。関係が良好であればあるほど、患者にとってより良い結果が得られると考えられています。


共感や思いやりは、服薬アドヒアランスの向上、医療過誤の減少、ミスの減少、患者満足度の向上に関連するという研究結果が出ています。私たちの健康とウェルビーングを向上させるために、その役割は重要なものです。しかし、医師の時間がますます必要とされる中、患者との信頼関係を築くために必要なスペースと時間を見つけることは容易ではありません。


さらに、健康の消費者化とセルフケアの推進、患者が自分の健康をもっとコントロールしたいと思っていること、バーチャルケアの推進と医療サービスのデジタル化(パンデミックで加速した)などを考えると、医師と患者の理想的な共感関係を目指すのは無理があるように思えます。


ソーシャルデータが医師と患者のコミュニケーションにおける共感のギャップを解消する方法については、イプソスのPOV「Bringing the patient voice to the fore(患者の声を前面に)」(英語)をご覧ください。

 

More insights about ヘルスケア

社会