コロナ禍中に企業が果たすべき責任

コロナ禍から立ち直るために、CSV 共有価値の創造で社会に貢献する

企業価値を高める戦略立案を支援するイプソスのコーポレートレピュテーション部門では、コロナ禍に企業がCSV(Creating Shared Value 共有価値の創造)に大きく舵を切る姿を確認しました。

企業は「独自性があるか(Authentic)」、「信用できるものか(Credible)」、「社会に目に見える変化を与える効果があるか(Effective)」という視点で活動を選び、効果を検証する必要があります。

 

コロナ禍で期待される企業の責任についてのペーパー「コロナ禍中に企業が果たすべき責任」は、ダウンロードしてご覧いただけます。

 

社会