コロナ禍にも関わらず、米国と中国では電気自動車への関心が高まっている

新たに発表された自動車グローバル調査(Auto Global Study) によると、消費者は利便性の向上、先進技術、見た目の良い電気自動車を求めています。

イプソスの2020年グローバルモビリティナビゲーター調査(2020 Global Mobility Navigator Study)では、電化に焦点を当てました。それによると、世界的な関心は2019年の結果と同程度に留まっています。新型コロナウイルスのパンデミックによってさまざまなことが減速しましたが、今回の調査では米国と中国の市場で電化への関心が高まっていることが明らかになりました。

この関心の高まりは、バッテリー電気自動車 (BEV) がより身近になったことに起因すると考えられます。例えば、ここ数年、中国ではBEVに関する知識が高まりました。BEVに親近感のある消費者はBEVを検討する傾向があります。

2020年モビリティナビゲーター調査から得られた興味深い消費者インサイトは、BEVの利点として認識されているもののトップ項目と、消費者の動機のトップ項目が必ずしも一致しないということです。世界的に見て、自動車の所有者とBEVの購入検討者が挙げる電気自動車の最大の利点は環境を改善することで、利便性、所有コストの削減が続きます。しかし、購入ドライバーは結果が異なります。イプソスは回帰分析を行い、BEVの購入検討の際に最も大きな影響を及ぼす利点を明らかにしました。最大のドライバーは、公共交通や高速車線(HOV: 規定人数以上が搭乗している車のみ走行可能な車線など) へのアクセスなどの利便性です。次いでクルマの見た目が非常に重要であることがわかりました。そしてより高度な技術を用いたBEVが続きます。

「より多くの知識=より多くの消費者の関心」という勝利の方程式を確立することで、電気自動車のメーカーはBEVへの親近感を高めることにマーケティングを集中しなくてはなりません。メッセージの重要な要素は、ドライバーがBEVを選ぶのを妨げる問題に取り組むことです。この調査では、走行距離、価格、充電ステーションへのアクセス、全体的な所有コスト、バッテリ持続時間の5つの問題が明らかになりました。メーカーはこれらの問題に対処することが不可欠です。なぜなら、BEVに対する親近感を高め、否定的な認識を取り除くには、そうするしかないからです。これらの懸念に対処するために、企業は次のことを強調すべきです。市場に出ている多くの新しいBEVは十分な走行距離を持ち、所有コスト同等のガソリン車と比べて手ごろで、充電ステーションへのアクセスも容易―特に市場に出ている家庭用レベル2の充電器で可能―だということです。これらの問題に対処した後、BEVを所有するメリットを強調できます。未来の所有者には、BEVのドライバーは環境に配慮するという機能的なメリットだけでなく、高度なテクノロジーを搭載した外観の良い車を所有するという精神的なメリットがあると提示できます。

新しいテクノロジーを採用することは、ほとんどの消費者にとって挑戦であり、購入が大きいほど、メーカーにとっての挑戦は大きくなります。消費者が車より大きな買い物をすることはほとんどありません。EVの未知を克服するためには、消費者が快適で自信を持てるように、製品に関してより知る必要があります。企業は、潜在的な購入者にとって真に重要なことに焦点を当て、その情報を消費者に分かりやすい方法で提示すべきです。例えば、1回の充電での走行距離、充電時間はどれくらいか、街中の充電ステーションの数、平均的なドライバーは1年間でどれくらい節約できるかなどです。こういった情報は、消費者が自分がBEVの所有者になる前に知りたいことなのです。

イプソスのモビリティナビゲーター調査 Mobility Navigator study では、走行距離、充電スピードに関する要件、市場で競争力を維持するための必要事項など、様々なインサイトが得られます。今後10年間の自動車業界では、主要な自動車セグメントや地域で多数の新しいBEVが発売されます。イプソスはこの非常に競争の激しい市場をナビゲートし、新BEV発売の機会の最大化をサポートします。

次回の記事は2020年12月の予定で、シェアリングに焦点を当てます。このコロナ禍の間に配車サービス/公共交通機関の利用が減少したことがわかっています。イプソスでは自動車とモビリティの利用に対する新型コロナウイルスの影響を調査します。12月までに増えるのでしょうか。

この調査のために、イプソスは米国、中国、日本、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、ロシア、インドの合計22,003人の18歳~74歳の新車所有者を対象にアンケート調査を実施しました。

More insights about 自動車関連

コンシューマー&ショッパー