困難な時期における予測

コロナウイルスの前、最中、後における考察と行動

Forecasting in challenging times: Considerations and actions before, during and after coronavirus| Ipsos 新型コロナウイルスは、物不足というものを知らなかった人々や、移動の自由を制限されたことのなかった人々の生活に大きな影響を与えました。私たちは、何を買うか、どこで買うか、いつ買うか、どのように買うか、誰のために買うか、そしてなぜ買うかについて、変化を経験してきました。

しかし、イノベーションに関わるマーケターやリサーチャーにとって、これが何を意味するのかは様々です。最近の製品やサービスの市場へのローンチに関して、 コロナ以前に設定された計画はまだ有効ですか?具体的には作られた予測と準備に頼ることができますか?もしそうでない場合、可能性のある結果をより正確に判断するために何をすべきでしょうか。そして、まだ開発段階にあるイニシアティブについて、正常な状態がいつ回復するかについて合意が得られていない場合、「固執する」 のでしょうか、それとも 「ねじる」 のでしょうか。継続的な破壊が続いている期間において、継続的なプランニングに価値はあるのでしょうか。

このペーパーでは、コロナ禍における予測、特にパッケージ製品の予測についていくつかの重要なレッスンに注目します。

  • 予測は困難なときでも重要。強固なビジネスプランニングが引き続き鍵となる
  • eコマースのチャネル選好、配送と集荷のような新しいフルフィルメントモデル、購入サイクルの遅延、消費者信頼度の低下などの新しい行動を通じて、予測をレビューする。
  • 常に複数のシナリオを予測し、反復と更新の準備をしておくことで、マーケターのコントロールできない外的要因を加味したシナリオ計画のシミュレーションができる

ソリューションを見る

コンシューマー&ショッパー