後悔を活かして

私たちは後悔から何を学ぶことができるのでしょうか。市場調査に関わる人々にとって、後悔は意思決定と消費者行動の理解を深めることができる重要な構成要素です。

Making the most of our regrets | Ipsos消費者の意思決定をよりよく理解するための継続的な取り組みの一環として、イプソスはアカデミックパートナーであるパリ大学のラサイデ研究所と共同で、後悔の概念についての新たな研究を実施しました。

意思決定をどのように適応させるかに重要な役割を果たす感情である「後悔」は、それが自然の中でより自動的なものなのか、より熟慮的なものなのかに影響を与えます(下記参照)。

Regret an emotion that plays a critical part in how we adapt our decision-making, affecting whether it is more automatic or more deliberative in nature

事実に反する感情として、後悔は、実際の結果とは対照的に、何が起こりえたかを私たちに考えさせます。このような慎重な思考によって、選択肢を比較検討し、相反する好みに対処することができます。

私たちが後悔について話す時、ただ過去を振り返ることを意味するのではありません。もし何かが望ましくない結果をもたらすならば、私たちが感じるかもしれない後悔を予期することは、現在の私たちが行う決定に影響を与えます。

消費者調査で後悔(または予期される後悔)のレベルを測定することは、さまざまなシナリオにおける行動の変化、行動の粘着性、行動の意図をより詳細に調べるのに役立ちます。このペーパーでは、買い物の習慣、ブランド選択に対する広告の影響およびワクチン接種意向に焦点を当てています。

重要なポイント

Key points

 

詳細はこちらをお読みください: Making the Most of our Regrets
こちらも併せてご覧ください: Dancing with Duality: Achieving brand growth in a mindful and mindless world.

ダウンロード

コンシューマー&ショッパー