写真は言葉よりも語る:ブランド選択の新しい理解

消費者中心の影響力をより正確に測定するために比喩を使う

Pictures speak louder than words | Ipsosブランド・マネージャーは、さまざまなビジネス上の課題に直面しています。ブランドのポジショニングを上げるにはどうすればいいか?ポートフォリオを最適化するにはどうすればよいか?新しい成長機会はどこで見つけられるか?

従来の定量調査は、多くの項目が並ぶ長いリストを使用して、それによる回答に大きく依存してきました。この種の測定方法にはまだ余地がありますが、あまり意識されていない人々のニーズを十分に把握することはできません。人々の意思決定は直感に左右されることが多いため、あまり意識されていない欲望を捉えるだけでなく、ブランドを決定するときに人々が使う精神的な近道も把握することが重要です。

無意識の意思決定を捉えられるよう従来の調査を進化させるために、イプソスは暗黙的なブランド選択のインフルエンサーを明らかにする新しいメタファー誘発手法を開発しました。メタファー誘発は長年定性的技術として使用されてきましたが、イプソスが開発したアプローチは定量的手法を使用しており、メタファー誘発を効率的で、測定可能で、使用しやすくしています。

メタファーを活用して、ブランド選択の重要な暗黙の推進要因を捉えることを推奨します。メタファー誘導は投影手法を用いるので、回答者が過剰な合理化を避け、より直感的に回答するのに役立ちます。さらに、感情面での利点をより詳細に理解し、消費者が自国語で、製品やブランドについて実際にどう考え、どう感じているかを反映した豊富なデータを提供します。消費者中心の影響力をより正確に測定することで、マーケッターはブランドのポジショニングを改善し、ポートフォリオを最適化し、イノベーションの機会を発見することができます。

詳細は Pictures Speak Louder than Words をお読みください。

このペーパーは the GreeBookで発表されました。

ソリューションについて知る

社会