手術室の未来に備えるために:ロボット工学

外科用ロボットが、非専門病院や大都市以外の外来診療所でも見かけるようになるほど、小さく、手頃な価格になる未来を想像してみてください...

Preparing for the future of the OR: Robotics | Ipsos

これらのロボットを「自動運転」モードにして、人間よりも速く正確に手術の特定の部分を完了できる時代を想像してみてください...

スペシャリストが、1日で、1つの場所から、複数の都市や国で手術を行うことができる世界を想像してみてください...

手術室 (OR) は病院の最も重要な領域の一つであり、場合によっては費用の40%以上を占める最大のコストセンターです。これは、効率と精度を向上させるためのイノベーションの主要なターゲットとなります。高解像度ディスプレイや手術用カメラ、音声認識ソフトウェア、「Touch Surgery」などの拡張現実および仮想現実アプリ、その他のスマートホスピタル技術など、手術室における高度で自動化された技術の使用には、過去10年間で大きな変化が見られました。

手術室でのロボット工学の未来に向けた準備をお手伝いをさせてください。

イプソスのMedical Devices & Diagnosticsチームは、この分野に関する調査を実施しました。それには世界のロボット外科医10人へのKOLインタビューや、SERMOと協働でアメリカとヨーロッパの外科医243人から収集した定量データが含まれます。うまくいっている点、改善が必要な点、ロボット外科手術の将来について彼らの見解を分析しました。

ロボット工学が手術室の設計だけでなく、外科的実践と結果にもたらした影響について、このペーパーで理解を深めてください。専門家へのインタビューのハイライトに加え、以下のポイントが含まれています。

  • 採用のドライバーと障害を探る
  • 未来と可能性を考える
  • 新型コロナウイルスの影響を理解する

「OR of the Future」レポートを解説するウェビナーを7月15日に実施します。

より深いレベルのインサイト、より詳細なデータに基づいた視点をお聴きください。

ヨーロッパとアジアパシフィック地域の登録 はこちら

アメリカ地域の登録 はこちら

社会