概念を打ち砕くブランドを解き放つ秘訣は?被害者でいるのは終わりにしましょう

このレポートは変わりゆく市場で生き残り、“破壊”がもたらす変化に対処する方法を見出せるようクライアントに語られているレポートです。

概念を打ち砕くブランドを解き放つ秘訣は?被害者でいるのは終わりにしましょう

ブランドが変わりゆく世界で生き残りをかけて戦う中、ブランドマネージャーからはこのような問いが頻繁に聞かれます。「この変化を牽引しているものは何なのだろう」 「どのような変化に注意すべきなのだろう」 「どのように反応すればいいのだろう」・・・興味深い質問ではありますが、問うべきはこれだけではありません。このペーパーではマーケッターにとって必要不可欠な以下のようなポイントについても論じています。

  •  私が担当するカテゴリーの中で本当に「概念を打ち砕く」変化はどれだろか?
  •  私の担当ブランドが概念を打ち砕いたものはあるのか?もしあるとしたら、どの側面で?
  • もしないとしたら、概念の破壊に対して私の担当するブランドやポートフォリオはどう立ち向かえばいいのか?

本レポートには、変わりゆく世界における消費者の役割、ブランドは概念を打ち砕いているかどうか、変化に対応するために社内戦略にばかり頼ってはいないか、などに関するクライアントからのフィードバックが使われています。ブランドはこの変化を自分のものにできているのでしょうか?異なる考え方に挑んでいるのでしょうか?もしくはスタッフが変化を促進できるようにしているのでしょうか?