製品サブスクリプションモデルを”開封”する

このホワイトペーパーでは、サブスクリプションモデルの導入に関する障壁を明らかにし、製品のサブスクリプションを推進して消費者の需要を増やすことができる要因を特定します。

サブスクリプションサービスは何十年もの間、新聞や雑誌のような印刷媒体や、最近ではNetflixやSpotifyのようなメディアやエンターテイメントサービスを通じて、消費者の生活の一部となってきました。最近ではサブスクリプション方式で注文できるものの幅が広がり始めました。消費者は服やパーソナルケア用品、おもちゃから食べ物まで、あらゆるものを手に入れることができます。

製品のサブスクリプションが従来と異なるのは、消費者が音楽や映画などのコンテンツではなく、製品を物理的に送付するサービスに加入している点です。米国の消費者のほぼ5人に1人が「製品のサブスクリプションを試した」と述べており、市場はかなり大きいようです。

消費者向け製品の世界には、2つの異なるタイプのサブスクリプションがあります。一つは「ボックス型サブスクリプション」で、ユーザーはさまざまな製品を集めて配送してもらうもの。もう一つは補充型で、その名のとおり生活必需品や介護用品などを補充し、便利さを提供するものです。

製品サブスクリプションのの加入者数の増減に寄与する要因は数多くありますが、このペーパーでは、多くの補充型、ボックス型のサブスクリプションにとっての課題となってきた、成長する強力で安定した消費者基盤としての顧客に焦点を当てました。イプソスによる調査では、55%以上の人がこれらのサービスを認知しており、興味を持っていますが、実際の利用には障壁があります。これらの障壁に着目し、それに対処することで製品サブスクリプションを着実に成長させることができると論じています。

コンシューマー&ショッパー