イプソス・アップデート 2018年3月

イプソスがグローバルネットワークを活かし、世界の最新リサーチ事情やイプソスの考察を定期的にまとめている「イプソス・アップデート」。3月のまとめをご案内いたします。

イプソス・アップデート 2018年3月

3月のまとめでは、以下の内容を紹介しております:

  • アフリカン・ライオン: このペーパーでは、家計、ショッピング、栄養、ブランドとの関係性、メディア使用などのトピックを取り上げ、アフリカ大陸の消費者の様子を描き出しています。
  • 女性の経済的エンパワメントを測定: 2012年以来、イプソスでは企業によるWEEイニシアチブの影響力調査を実施してきました。このペーパーではその方法論的知見のいくつかを共有しています。
  • 世界が懸念しているのは?: 最新の調査結果によると、世界の人々の多くは自国が間違った方向に進んでいると懸念しています。特にブラジル、メキシコ、イタリア、ハンガリーでその傾向が見えます。
  • 成功するイノベーションを上市する: ブランド・マーケティングに関するバイロン・シャープの理論は、既存のブランドを成長させる方法について助言していますが、このペーパーではマーケッターがこれらの原則を新製品開発にも適用できるかどうかを検討しています。
  • 2018 冬季オリンピック: オリンピックは国家主義、企業主義に偏りすぎている・・・イプソスのグローバル・アドバイザー調査によると、国際情勢に関する懸念は、冬季オリンピック前の世論に影響を与えたようです。
  • 遵守を遵守する: 「遵守」は現在のヘルスケア業界が直面している最大の課題の一つです。このペーパーでは患者のモチベーション、能力、身体的/社会的状況を探り、患者の行動―を通して「遵守」について考えるためのフレームワークを提案します。
  • トランスジェンダーの人々: グローバル調査によれば、過半数の人々は、トランスジェンダーの人々を保護し、支援するために自国がより努力すべきだと考えています。
  • スーパーボウル広告をニューロで捉える: このペーパーは、アメリカンフットボールファンにバイオメトリックス機器を装着してスーパーボウルをパーティをしながらの研究環境で観戦してもらい、広告を見たときの感情の変化をリアルタイムで捉えた調査結果です。

 

ダウンロード