グローバル消費者信頼感インデックス - 2019年4月

消費者信頼感はフランス、イスラエル、スペインで上昇、ラテンアメリカでは下降しました。2019年4月のイプソスグローバル消費者信頼感インデックスは下降傾向が続き49.0ポイントとなりました。グローバルインデックスは過去3ヶ月で0.9ポイント下降したことになります。

グローバル消費者信頼感インデックス - 2019年4月

ラテンアメリカでは、アルゼンチン(-5.6)、メキシコ(-3.9)、ブラジル(-3.0) の調査対象3カ国すべてで大幅な下降が見られます。ヨーロッパではスペイン(+2.5)とフランス(+2.2)のみが上昇し、ポーランド(-2.8)、ドイツ(-2.2)、ハンガリー(-1.7)では大幅な下降が見られます。アメリカでは3ヶ月前と比較して1.5ポイントの下降です。消費者信頼感インデックスは、調査対象国の人々の自国経済、自身の経済状況、貯蓄、投資に対する意識と態度を表す指標です。

  • 調査対象となる世界24カ国のうち、3ヶ月で大幅な伸びが見られたのはスペイン、イスラエル(+2.4)、フランスです。
  • 一方、3ヶ月で大幅な下降が見られたのはアルゼンチン、メキシコ、ブラジル、ポーランド、南アフリカ(-2.3)、ドイツ、ハンガリー、アメリカです。
  • 中国のインデックスは69.6ポイントで、変わらずトップを走り続けています。次いでサウジアラビア(64.4)、インド(62.4)、アメリカ(60.2)です。
  • 最もインデックスが低いスコアだったのがトルコ(31.8)、次いでアルゼンチン(33.1)、ロシア(38.6)、韓国(39.7)です。
  • 日本は3ヶ月で0.6ポイント下降し、42.7ポイントです。

ジョブインデックス

(雇用保障信頼感、失業経験、雇用の見通し)

期待インデックス

(個人財政、地域経済、雇用の見通し)

投資インデックス

(購入及び投資信頼感、個人財政現況と今後)

グローバル平均: 56.9

3ヶ月トレンド: -1.5

大幅上昇:

- スペイン: +2.5

- イスラエル: +2.3

- フランス: +1.7

大幅下降:

- アルゼンチン: -6.6

- メキシコ: -4.4

- アメリカ: -3.5

グローバル平均: 57.3

3ヶ月トレンド: -0.6

大幅上昇:

- サウジアラビア: +3.1

- フランス: +2.4

- スペイン: +2.3

大幅下降:

- メキシコ: -5.2

- ブラジル: -2.3

- インド: -2.2

グローバル平均: 42.5

3ヶ月トレンド: -1.0

大幅上昇:

- フランス: +2.5

- スペイン: +2.4

- イスラエル: +2.3

大幅下降:

- アルゼンチン: -5.8

- ブラジル: -4.4

- ポーランド: -4.3

これらの調査結果はRefinitiv/IpsosのPrimary Consumer Sentiment Index (PCSI)のデータに基づくものです。調査は毎月、イプソス・グローバルアドバイザーのオンライン調査プラットフォームを利用して世界24カ国の17,500人以上(アメリカ、カナダ、中国、イスラエル、南アフリカ、トルコでは18~74歳、韓国では19~74歳、その他17カ国では16~74歳男女)を対象に実施されています。毎月のサンプルサイズは、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、スペイン、イギリス、アメリカでは各国1000人以上、アルゼンチン、ベルギー、ハンガリー、インド、イスラエル、メキシコ、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、スウェーデン、トルコでは各国500人以上です。

社会