自動運転を「怖い」から「安全」へ シフトさせよう

自動運転/ADAS機能の安全性想起と普及に取り組む自動車メーカーとマーケターの皆さまに、役立つ調査結果とヒントをお届けします。

イプソスUSの最新調査によると、運転中のドライバーの52%が、注意力散漫なドライバー(ながら運転)に遭遇しています。最も多く遭遇するのが「通話中のドライバー」で(71%)、さらに「スマホに入力中のドライバー」(69%)、「スマホで何かを読んでいるドライバー」(43%)と続いており、その割合に驚かされます。こうしてドライバーの注意力低下が深刻である状況を踏まえると、自動車の自律走行がベネフィットより先に恐ろしさを想起させるのは由々しき問題ではないでしょうか。

イプソスが発行した最新のPoint of View には、消費者が自動運転車から交通安全を連想し、これまで導入を妨げていた障壁を克服するために、マーケターの皆さまにとって役立つヒントやインサイトが掲載されています。ダウンロードしてご活用ください。

Point of Viewのダウンロード

こちらからは、 イプソスのウェビナー がご覧いただけます。

資料やウェビナーについて日本語でご紹介します。お気軽に下記までご連絡ください。

ダウンロード

More insights about 自動車関連

カスタマーエクスペリエンス