見た目重視の社会を生きる:韓国における美容とセルフケア

美容とセルフケアが当たり前に必要となった韓国市場における6つのトレンドをご紹介します。

Beauty and self-care in South Korea | Flair | Ipsosこの記事では、韓国人は変わったと主張しています。彼らはもはや目的意識の高いワーカホリックや、社会の大義のために自らを犠牲にする献身的なナショナリストではなく、自分の個性や好みを追求し、個を探し求め、人生を過ごす傾向が強まっています。

単身世帯の増加や週52時間労働制の導入と相まって、消費者は個人の趣味や自己啓発にますます投資するようになっています。

レジャー、休養、リラクゼーションに重点が置かれるにつれ、「健康的に暮らす、素敵に暮らす(Living Well)」という考え方が広がっています。健康への支出が増加しており、その結果、パーソナルケア市場は拡大しています。

このペーパーによると、「見た目重視の社会」では、太っている人や肌の見た目が悪い人は、自分のケアもできない人というレッテルをすぐに貼られるといいます。

最近の調査によると、韓国では96%の人々がスキンケアは必要だと考えており、54%が「必要性を強く感じる」と答えています。

この記事では、韓国の美容とセルフケア市場の6つのトレンドを紹介しています。

  • マルチレベルのセルフケアと管理の必要性
  • 美容のスタンダードはより厳しく、より細分化されている
  • インフルエンサーとアプリはより幅広い選択肢を提供する
  • 生まれてすぐから死ぬまで整形手術
  • スリムではないが、美しい
  • 自宅でのスキンケアのルーティン

この記事は「Ipsos Flair2020: カスタマイズとつながり」で最初に発表されました。フルレポートサマリー をご覧ください。

社会