コロナワクチン接種後の行動と活動への復帰

イプソスが世界経済フォーラムと共同で実施した調査によると、調査対象9カ国では活動復帰に対する自信の度合いが異なることが判明しました。

2021年7月8日、ニューヨーク — イプソスが世界経済フォーラムと共同で実施した調査によると、調査対象となった9カ国の成人の過半数が、新型コロナウイルスワクチンを接種後も公共の場では社会的距離(ソーシャルディスタンス)を置くことやマスクを着用することを継続するだろうと回答しています。調査では、レストランでの食事、スポーツイベントやコンサートへの参加、公共交通機関の利用、国内または海外への飛行機の利用など、ワクチン接種後の活動再開の際の自信の度合いが、国によって大きく異なることも明らかになりました。
この調査は、2021年6月3日~6日、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、スペイン、英国、米国において、75歳以下の成人12,497人を対象に、イプソスGlobal Advisorオンラインプラットフォームで実施されました。

世界経済フォーラム(World Economic Forum)の記事を読む

ソーシャルディスタンスとマスク着用の継続

調査対象の9カ国のいずれにおいても、新型コロナウイルスワクチンを接種後を仮定した場合、調査対象者の4分の3以上が、公共の場で他人と社会的距離をとることを「必ず続ける」または「続けるかもしれない」と回答しています。また、国によって異なりますが、10人中6人から8人が、公共の場でのマスク着用を「ぜひ続ける」「続けるかもしれない」と回答しています。

公共の場で社会的距離を置くことやマスク着用を続けることについての確信度は、国によって異なります。

  • ブラジルでは半数以上、イタリア、イギリス、フランス、メキシコ、ドイツでは半数弱の人が、公共の場での社会的距離の取り方を「今後も続ける」と答えているのに対し、日本と米国では3分の1にとどまっている。 米国では、ワクチン接種前の社会的距離を「継続しない」または「していない」と回答した割合が最も高い(22%)。
  • 公共の場でマスクをすることについては、さらに差がある。ブラジルでは57%が「必ず続ける」と答えているのに対し、ドイツでは27%。また、ドイツと米国は、「続けない」「マスクをしたことがない」と答えた人が最も多い(ともに32%)。

様々な活動への復帰に対する自信

新型コロナウイルスワクチン接種後、どの程度の期間で様々な活動を再開できると感じるかは、活動の種類や国によって大きく異なります。測定されたほとんどの活動において、自信の度合いは、メキシコで最も高く、次いでスペイン、イタリア、フランスとなり、日本では最も低い傾向にありました。 比較的頻繁に行われる活動について、すぐに、または数ヶ月以内に行うと答えた人の主な割合は、以下の通りです。

  • レストランでの食事:日本59%、イタリア82%
  • 公共交通機関の利用:米国48%、メキシコ67%
  • スポーツイベントやコンサートへの参加:日本38%、メキシコ62%

 

また、飛行機の利用について、「すぐに利用」または「数ヵ月後に利用」と答えた人の割合も、出身国と目的地によって異なり、主な結果は次のようになっています。

  • 国内での飛行機利用:日本38%、メキシコ72%
  • ワクチン接種実施国への渡航:日本24%、メキシコ68%
  • ワクチン接種が実施されていない国への渡航:日本17%、メキシコ52%

 
調査について
この調査は、2021年6月3日~6日、米国の18~74歳、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、日本、メキシコ、英国の16歳~74歳を対象に、イプソスのGlobal Advisorオンラインプラットフォームで実施されました。
本調査のサンプルは、米国2,001人、フランス、イタリア、スペイン、英国各1,500人、ドイツ1,495人、ブラジル1,001人、メキシコと日本各1,000人で構成されています。
フランス、ドイツ、イタリア、日本、スペイン、英国、米国のサンプルは、これらの国の一般成人人口を代表していると考えられます。ブラジルとメキシコのサンプルは、一般人口に比べて都市部居住で、教育水準が高く、かつ/または裕福であり、よりよりインターネットへのアクセスが可能なの層の意見を反映していると考えられます。
データは、各国のサンプル構成が最新の国勢調査データに基づく成人人口の人口統計学的特性を最もよく反映するように加重されています。
結果の合計が100にならない場合、または 「差」 が実際よりも+/- 1多い/少ないと思われる場合、これは端数処理、複数回答、または「分からない」の除外、または明記されていない回答による可能性があります。
Ipsosオンライン世論調査の精度は、信頼区間を用いて算出されており、2,000人、1,500人、1,000人の調査の精度は、それぞれ±2.5ポイント、±2.9ポイント、±3.5ポイントとなっています。Ipsosの信頼性区間の使用についての詳細は、Ipsosのウェブサイトをご覧ください。
これらの調査結果の公表は、各国の規則に従います。

社会