ジェットコースターのような小売業

今日のオムニチャネルショッパーの状況の浮き沈みに乗って

rollercoaster私たちはかつて、小売業はこれまでにないほどの変化を経験していると言いました。しかし今では、私たちは乗っていたティーカップから、本格的なジェットコースターに移ったような気分です。
消費者も小売業者も、新型コロナウイルスのパンデミック (世界的大流行) の中で新たな動きに対処しています。実際、買い物はコロナによってひっくり返された日常的な活動であり、不要不急の小売は最も破壊された分野の一つです。私たちが目にしていて、今後も目にすることになる変化の大きさを認識しすることが重要ですが、誇張に引き込まれないことも重要です。

健康と安全は、新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされたこれまでにないオペレーション上の課題で、まったく新しい焦点となっています。この期間中に見られた注目すべき小売の変化には、客数の減少と集中、eコマースへの劇的なシフト、消費者と直接取引する小売 (D2C) の成長が含まれます。これらは全く新しいものではなく、既存のトレンドの延長です。違いは変化のペースです。

 

 

Looking at what this all means, we set out ways for retailers, and the products that stock their shelves and websites, to stay on track during the ups and downs to come.

本ペーパーでは、パンデミックの時代における小売業にみられる主な変化をいくつか紹介し、実際に新しい予期せぬ方向に進んでいるのか、それとも予測されたトレンドの加速を見ているのかを探ります。これが何を意味するのかを見てみると、小売業者や、彼らの棚やウェブサイトの製品が、今後の浮き沈みに乗る方法を探れそうです。

ダウンロード

More insights about 小売

コンシューマー&ショッパー