世界的危機における文化の役割

共通の価値観が個人の行動を形作っており、これはコロナウイルスの大流行時にはさらに明らかです。

Role of culture in a global crisis | Coronavirus | Ipsosコロナウイルスの大流行によって世界がどの程度、そしてどのくらい深く変化するかについては、まだ結論が出ていませんが、コロナウイルスが国や文化を越えて生命、生活、健康を破壊していることは間違いありません。消費サイクルは止まっていませんが、さまざまな状況やニーズによって多くの側面が変化し、ブランドに対する要求が高まっています。

現在のパンデミックの普遍的な側面のいくつかが現実味を帯びる中、私たちはまた、世界中で非常に異なるアプローチ、戦略、対応を目にしています。これらの違いを支えているのは、文化が私たちの行動を形成する上で果たしている役割です。

危機のときには、文化がより強くなります。不確実な時には、文化は消費者を身近なものにつなぎとめ、意味を与え、迫りくる不安に対処する手助けをします。

本ペーパーは、危機に対する政府のメッセージと個人的な対応が、文化的な概念によって形成されてきたことを示し、文化的な推進力と地域のニュアンスを理解することの重要性を強調しています。

より深い文化的理解がなければ、ブランドは現在、そしてアフターコロナの世界において、意味ある、本物の、直感的なエンゲージメントを構築するのに苦労するかもしれません。

イプソスでは、異なる市場の文化的プロファイリングに投資するのに最も良い時期は今だと考えています。これにより、次のことが可能になります。

  • 消費者の文化的アイデンティティを定義する要因と側面を、国、セグメント、地域を越えて理解する
  • 消費者が文化的なニュアンスを持った方法で不確実性に対処するのを支援する上で、あなたのブランドが果たしうる役割を理解する
  • このような不確実で進化し続ける時代を通じて、お客様との関わりにおいて信頼性とシンプルさを構築する

イプソスのソリューションに関する詳細はこちらからご覧ください

社会