Data Dive: Covid-19のパンデミックはどう見方を変えたのか?

希望する就労環境からメンタルヘルスへの懸念まで、さまざまな事柄に新型コロナウイルス危機が及ぼす影響について、イプソスのグローバル調査をもとに5つのインフォグラフィックスでご紹介します。

Ipsos | COVID-19

新型コロナウイルスのパンデミックを生き抜くことは、ゴールがどんどん遠のくマラソンを走るようなものです。

さて、いよいよ終わりが近づいてきたようです。

世界保健機関(WHO)の事務局長は最近、パンデミックのゴールは「見えている」と述べ、ジョー・バイデン米国大統領はさらに一歩進んで「パンデミックは終わった」と宣言しました。

パンデミックがいつ正式に収束するかはまだわかりませんが、この32ヶ月間が世界中の人々に大きな影響を与えたことは明白です。

この歴史的な危機の中で、様々な問題に対する人々の意見について、イプソスのグローバルアドバイザー調査で振り返ってみましょう。

  1. メンタルヘルスは健康
    2020年3月11日にWHOが世界的なパンデミックを宣言したとき、物理的な安全をどう確保するかが話題になりました。しかし、そのような激動の時代の中で、心の健康についても多く語られるようになりました。それから数年、メンタルヘルスを人々が直面する最大の健康問題だと考える人の割合は、2020年の26%から2022年には36%へと着実に上昇しています。Ipsos | Covid-19 | Pandemic
  2. 陰に潜む
    政府が国民に自宅待機を命じ始めた初期の恐ろしい時代には、コロナウイルスは世界中の3人に2人弱の人が最も懸念すべきものとして見ていました。その後、ワクチンが普及し、懸念は大幅に減少し、今年の9月には10人に1人強が最大の懸念事項であると見ています。Ipsos | COVID-19
  3. WFHからRTOへ
    2020年春、多くのホワイトカラーが突然、オフィスへの通勤をやめ、在宅勤務を始めました。ストレッチパンツを履いてソファに座り、ビデオミーティングをしながら仕事をするのが当たり前になったのです。2021年晩春には、パンデミック終了後、在宅勤務(WFH)か出社(RTO)か、すでに人々の意見は分かれていましたIpsos | COVID-19
  4. お金、お金、お金
    世界各地で最初のロックダウンが行われる中、マスク、手指消毒剤、トイレットペーパーが不足し、夫婦だけで隔離されることによるベビーブームが起こるという憶測が報道されました。しかし、ベビーブームは来ませんでした。パンデミックの最初の2年間、100年に一度の大災害は、子供を持たない、あるいは持つのを遅らせた理由として、Z世代/ミレニアル世代が3番目に多く挙げた要因であることが判明しました。Ipsos | COVID-19
  5. 二歩下がる
    企業、政府、公共保健機関は、ビールの無料配布から有給休暇の付与の義務付けまで、あらゆることを試みて新型コロナウイルスの予防接種を受けることを奨励しました。その結果はといえば、こうした努力にもかかわらず、予防接種は非常に偏った問題となり、強制的なワクチンへの支持は、一般的にパンデミック前と比較して減少しています。Ipsos | COVID-19

社会