モビリティの未来 – シェアリング

「モビリティの未来」シリーズの第3回では、台頭するカーシェアリングやライドシェアなどを含む、モビリティのシェアリングにスポットライトを当てます。

モビリティの未来 – シェアリング

デジタル化が進む今日、カーシェアリングやライドシェアなど、アプリで手配するサービスを含む多くの新しいモビリティサービスが誕生しました。これらのサービスはいまや多くの人々にとって日常の一部となり、従来の公共交通機関やタクシー、車などに取って代わる近代的な選択肢となりました。

今回実施した調査で、日常的な普通の車の使用時間は一日わずか63分であることが明らかになりました。また、まったく車を使わないという日数は、年間67日(2ヶ月以上) に上ることがわかりました。これらの事実から、車は96%の時間は駐車されていることになります。

さらに、50%以上の現・車所有者は、人々は、シェアリングサービスのほうが経済的なので、車を所有する代わりにシェアリングサービスをより利用するようになるだろうと予測しています。

レポートでは、これから導入されそうな車、消費者の利用可能性など、将来のモビリティサービスの可能性についても考察しています。

More insights about 自動車関連