コロナウイルスは継続的な脅威と考えている人が多数、抑え込めていると考えているのは5人に1人

世界8か国で実施した調査によると、ウイルス抑制のための渡航禁止や検疫などの措置に強い支持が示されています。

今回調査対象となった8か国の過半数の人々は、コロナウイルスが世界に与える脅威は「大きい」または「非常に大きい」と回答しており、さらに、3人に1人は「中程度の脅威」を世界に与えると回答しています。

日本(66%)、オーストラリア(61%)、アメリカ(55%)では半数以上が世界的な流行の脅威を懸念しています。カナダ(42%)、ロシア(42%)、英国(43%)、ドイツ(47%)では、脅威が「大きい」「非常に大きい」の割合がやや低くなっています。

これは、イプソスがオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、ロシア、イギリス、アメリカの16歳(または18歳)~74歳の8,001人を対象に、2月7日~9日に実施したオンライン調査の結果の一部です。

平均では「コロナウイルスの流行が食い止められていて、すぐに終息する」ことに同意しているのはわずか19%で、その倍以上の46%は同意していません。イギリス(55%)、カナダ(51%)、オーストラリア(50%)、日本(49%)では「流行が食い止められている」ことに同意しない傾向が高く出ていました。ロシアの調査対象者の3人に1人は、コロナウイルスの流行は食い止められていると考えています。

また、8か国の対象者全体の86%は、コロナウイルスの流行に関する情報をかなり、またはある程度、見たり、聞いたり、読んだりしたと回答しています。

これらの結果から、大多数がコロナウイルスの流行を注意深く追跡し、流行がさらに広がる続けるのではないかと心配していることがわかります。

それに応じて、ウイルスを制御するための重要な措置に対しては広範な支持があります。平均で85%の人々が感染国からの旅行者に対する強制的なスクリーニングを支持しており、感染している可能性のある人に対する強制的な検疫も同等に強く支持されています。「影響のある国へ/からの渡航を政府が禁止すべきだ」「自国の航空会社は中国への運航を制限すべきだ」という意見に66%の人々が同意しています。

ダウンロード

社会