新型コロナウイルス感染拡大を食い止めるため、人々は自宅にこもるー最新調査の結果

自己隔離が最も進んだ国はロシア、ベトナム、オーストラリアです。

先週、イプソスが世界15カ国で実施した世論調査で、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるために、1か国を除くすべての対象国で過半数が自己隔離や自宅待機をして外出しないと回答しました。唯一の例外は日本でした。

4月2日~4日、28,000人を対象に実施された調査で「コロナウイルスの大流行と闘うために自己隔離、自宅待機して外出しない」と答えた日本の対象者はわずか15%でした。日本人も外出は控えてはいるものの、「自己隔離、自宅待機」という定義にはまだ当てはまっていないため、このような結果となりました。

現在、5人に4人以上が自己隔離、自宅待機をしていると回答している国は、スペイン (95%) 、ベトナム (94%) 、フランス (90%) 、ブラジル (89%) 、メキシコ (88%) 、ロシア (85%) 、アメリカ、インド (84%) です。半分の調査対象国では、自己隔離、自宅待機のピークは2週間前で、以降の動きはあまりありません。

しかし、中国 (-4ポイント) 、インド (-3) 、ドイツ (-3) など一部の国ではこの一週間で自己隔離、自宅待機が少し減少している様子が見られます。最も自己隔離、自宅待機が進んだ国はロシア (+23ポイント) で、次いでベトナム (+16) 、オーストラリア (+11) 、メキシコ (+8) と続いています。

全体として、ほとんどの調査対象国で自己隔離、自宅待機は国民に受け入れられるようになっていることがこのデータからわかります。政府がその対策を実施しているだけでなく、市民のほとんどがその対策に従い、自宅にこもっているのです。

 

Defining isolation | How have you gone into home quarantine or self isolation, that is, not leaving your home? | Ipsos polls | Global @dvisor

これは、イプソスがグローバルアドバイザー調査のオンラインプラットフォームを使用して、2020年4月2日~4日に実施した調査の結果です。アメリカ、カナダでは18~74歳、オーストラリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、イタリア、インド、日本、メキシコ、ロシア、ベトナム、イギリスでは16~74歳の約28,000人を対象として実施しました。可能な場合は、3月に実施した追跡調査の結果および2月調査の結果の一部を提示しました。

社会