イプソス・アップデート 2018年5月

イプソスがグローバルネットワークを活かし、世界の最新リサーチ事情やイプソスの考察を定期的にまとめる「イプソス・アップデート」。5月のまとめをご案内いたします。

イプソス・アップデート 2018年5月

5月のまとめでは以下の内容をご紹介いたします。

  • 社会の分裂を様々な切り口で考える: 4人のうち3人が自国の社会が分裂していると感じており、10人のうち6人は10年前よりもさらに分裂している考えているーー社会の分裂に対する国民の意識を調査した27カ国調査の結果に関するレポート
  • 「自然」 食品: 消費者の食品や飲料の安全性や信頼性についての関心はこれまでにないほど高まっている。本調査では食品や飲料のパッケージに「自然」という表現が増えていることと、消費者はどのように解釈しているのかについて考察した
  • 見やすさが問題: オンライン広告の特長は、消費者と広告主の相互利益のために、より適切で、タイムリーで、ターゲットを絞ったコミュニケーションを提供することであった。成功と課題を含む、現在の実情に関するペーパー
  • フレア・インドネシア: Ipsos Flairシリーズの一環として、このレポートは、インドネシアの社会、消費者行動、市場動向を調査し、何十年もの持続的な経済成長の後に活況を呈している国の深いダイナミズムを明らかにする
  • ドライバーのいない自動車: テクノロジー企業が自動運転の車の開発を続けている中で、今回のグローバルアドバイザーでは、自動制御の車に対して世界中のほとんどの消費者が興味を持っているが、まだ懐疑的であることを明らかになった
  • 社会を理解する: 持続可能な発展がますます政府や企業に浸透するにつれて、世界中のイプソスのエキスパートはこの分野の専門家の声を集めてこの問題を探究している
  • パキスタンのミレニアル世代: ミレニアル世代に関する包括的な調査から得られた知見の中から、このサマリーレポートでは、パキスタンの最も重要かつ既存の価値を打ち砕く消費者セグメントの一つである「ジェネレーションY」に新たな光を当てている
  • 現代の政治的党派の力: 政治的党派は新しい現象ではないが、現代ではそれはますます腐敗し、社会の機能に有害なものとなっている。このペーパーでは現在のトレンドと影響を探る

 

ダウンロード