箱、袋、包み紙の外側を考える

なぜいま、持続可能な包装について日本で考えるべきなのか。

著者

  • Deanna Elstrom Senior Director, Strategic Insights, Ipsos in Japan
Get in touch

Thinking Outside the Box, Bag and Wrapper | Ipsos日本国民は気候変動の脅威を強く認識していますが、容器包装プラスチック廃棄物の問題に関連する環境問題についてはそれほど大きな懸念を持っていないようです。しかし、これは変化しつつあります。ブランドにとっては、市場で持続可能な製品へのニーズを満たす機会です。イプソスの調査によると、日本の消費者は、世界の人々と比較して、容器包装プラスチック廃棄物の問題に取り組むために個人的な行動をとることに消極的です。このペーパーでは、この日本人の消極性の原因が問題に対する冷淡な無関心ではなく、選択の余地がないことであると示しています。そして日本人は、個人が過剰包装を管理する責任を負っていると感じていることを示す証拠もあります。

 

このギャップを埋めるために最初に行動するブランドは、売上だけでなくブランド・エクイティにおいても最も利益を得るでしょう。消費者が「正しいことしている」と感じる手助けをすれば好評を得られるでしょうし、日本人はその勤勉さと献身をもって応えてくれるでしょう。ただ反応するのではなく、消費者の新たな期待と容器包装や廃棄物に対するより厳しい規制の両方を先取りするブランドは、競合よりも優位に立つことができるでしょう。

持続可能な容器包装への取り組みの価値を最大化するための4つの戦略とは:

  1. ポジティブに消費者を教育し、力づける
  2. 持続可能性を内部化する
  3. 大きな声で伝える
  4. 共有可能にする

詳しくはペーパーをご覧ください。

著者

  • Deanna Elstrom Senior Director, Strategic Insights, Ipsos in Japan

社会