イプソス・アップデート 2021年2月

Ipsos Update 2021年2月号では、パンデミックの中の生活、市場調査の質、アメリカとフランスの特集を掲載しています。

健康的な習慣とは? (HEALTHY HABITS?)
新型コロナウイルスの世界的流行が始まって以来、世界30カ国の調査対象者の4分の3が、体重、運動、飲酒量、喫煙量の変化を報告しています。イプソスが実施した世界的な調査は、食事と健康に関連する態度と行動に注目しています。

買い物と食事 (SHOPPING AND DINING) 
世界28カ国で実施された調査では、非常に混乱した小売業と接客業に焦点を当て、パンデミックの間の消費者の習慣について新たな結果を示しています。人々がこの異常な時期に何をしているか、あるいはしていないかを調査しています。

起業家精神 (ENTREPRENEURIALISM) 
イプソスの28カ国調査では、人々の起業家精神の特徴と彼らの願望について調査しています。10人中3人は今後二年間で事業を始めるつもりだと回答していますが、資金調達が最大の障害です。

リサーチパネル (RESEARCH PANELS)
イプソスはオンラインアクセスパネルに継続的に投資することを選択しています。なぜならそれは、どのソースよりも一貫した品質上の優位性を提供するからです。このペーパーでは品質の高いパネル調査の5つの柱を紹介しています。

フレアーフランス:今しかない (FLAIR FRANCE 2021: NOW OR NEVER)
今日のフランス社会に関するイプソスの新たな詳細レポートは、パンデミックによって露呈された不均衡にスポットを当て、緊急の行動が必要な分野を考察しています。イプソスの専門家は、最新の消費者トレンドについても議論しています。

世界が懸念していることは? (WHAT WORRIES THE WORLD?)
イプソスが世界の主要な社会的・政治的問題を長期にわたって追跡調査したところ、コロナウイルスへの懸念は2020年5月以来最高の水準にあることがわかりました。一方、消費者信頼感は、ささやかではあるが回復しつつあります。

米国にスポットライトを当てる (SPOTLIGHT ON THE US)
米国が新大統領に誓っているように、政治的分裂は解消できるのでしょうか。これらの問題は民主主義の未来に関する新しい出版物the future of democracyで扱われています。また、ジョー・バイデンの就任後最初の数週間の世論調査についても見ていきます。

東南アジアにフォーカスする (FOCUS ON SOUTH EAST ASIA)
マレーシアシンガポールタイのチームによる、仕事、信頼、職場での嫌がらせ、美容、整形外科を含む幅広いテーマの新しい調査を見ていきます。 

ダウンロード

社会