Flair コレクション

Flair Indonesia 2021: 成長へ戻る

国はパンデミックからの脱却に向かい、消費者はブランドに多くを求めています。

Flair South Korea 2021 – 先頭に立つ

2021年、韓国人は政府の新型コロナウイルスへの対応に満足し、「ホームエコノミー」を受け入れています。

Flair Russia 2020 - 持続可能性を求めて

フレアコレクションのロシアでは、何が「良い」のか、何が「悪い」のかについての社会的態度の変化が、消費者行動にどのように影響するかについて、イプソスの専門家がビジョンを共有しています。

Flair Brazil 2020 - 水彩かモザイクか

ブラジルをテーマにしたフレアシリーズは5回目になります。一連の危機と消費者行動の変化に取り組む国を探ります。

Flair South Korea 2020 - カスタマイズとつながり

フレア韓国 (South Korea Flair) の初版では、その明確な国際的アイデンティティーにもかかわらず、比較的知名度が低く、ステレオタイプ化しやすいこの国を探求しています。社会、市場、そして人々に関するイプソスの研究では、独立していても依存していても「カスタマイズされ、つながっている」韓国人の姿が浮かび上がりました。

Flair Indonesia 2019 - やるか、やらないか

インドネシア・フレア(Indonesia Flair)の第2版は、国際的に重要性を増しつつあるダイナミックで繁栄する国を紹介しています。

Flair Ivory Coast 2019:私たちは一つか?

イプソス・フレアシリーズでは、今回初めてコートジボワール(Ivory Coast)を取り上げます。コートジボワールでは、急速にデジタル化が進み、極端な階級社会になっています。

Flair Italy 2018 アイデンティティを捜し求める国

イプソス・フレア・イタリア(Ipsos Flair Italy)は、今回で第8版目になります。今回は、現在イタリアで起きている現象、それに対するイタリア人の反応や世界におけるイタリアの位置についてイタリア人がどう感じているかなどが説明されています。今回は、ウェブ、ソーシャルリスニング、コミュニティの意見、ブログのエントリーなど、新しいデータ収集形式を用いて情報を収集したことから、さらに中身の濃い内容になっています。

Flair Indonesia 2018 両極端な国

インドネシアに関する報道は、ポジティブなニュースよりも火山の噴火や津波などの災害に関するニュースが多く聞かれます。しかしそれは公平ではありません。インドネシアは観光客にとって世界で最も魅力的な国のひとつであり、十年以上にわたり持続的な経済成長を遂げています。また、ヨコビ大統領の就任以来、ジャカルタだけでなく列島全域でインフラの近代化のためにこれまでにない努力を払ってきたのです。

Flair France 2018 爆発寸前?おびえている?それとも、震えている?

エコノミスト誌は、フランスを「ヨーロッパの中心部にある時限爆弾」、あるいは「勝手気ままに真実を否定する国」と称し、同国を2017年のカントリー・オブ・ザ・イヤーとしました。おそらく、エマニュエル・マクロン氏が大統領に選ばれたことがフランスに対する世界の見方を変えたようです。